タグ:辺野古 ( 7 ) タグの人気記事   

力を合わせて沖縄の新基地建設を止めよう   

 2月26日、東久留米駅前で、日本共産党の北村りゅうた市議と一緒に朝の宣伝をしました。この日は、ぜひ訴えたいことがありました。24日に投開票された沖縄県民投票の結果です。名護市辺野古に米軍新基地を建設するための埋め立てに対して賛否を問うもの。訴えの要旨を紹介します。

辺野古埋め立てに7割以上が「反対」
 沖縄の県民投票が終わりました。どうなるのかと多くの方が注目されていたと思います。私も、この県民投票が大きな成功を収めてほしい、そういうふうに思って、見守っていました。結果が出て、7割以上の方が沖縄の辺野古の新基地建設は反対だという回答をしました。
 県民投票の開票結果
 投票総数      60万5385票
           (投票率52.48%)
 「反対」      43万4273票(71.74%)
 「賛成」      11万4933票(18.99%)
 「どちらでもない」  5万2682票(8.70%)
 無効票          3497票(0.58%)

さらに鮮明になった沖縄の民意

 注目すべきは、この結果のなかで、沖縄の辺野古への新基地建設反対という、その声が、ますます鮮明になったことです。
 最初は「賛成」と「反対」の2択でした。しかし、県民投票に参加しないという自治体が出てきたなかで、いろいろな議論をへて、3択になりました。それは、「賛成」「反対」に「どちらでもない」を加えるものでした。この「どちらでもない」がどのくらいの比率を占めるのか。ここも注目された点でした。結果は、「どちらでもない」はごく少数でした。
 投票率も50%を超え、「反対」は玉城デニーさんが知事選で獲得した数よりも多いという結果になりました。
 2014年県知事選 36万0820票(翁長雄志さん)
 2018年県知事選 39万6632票(玉城デニーさん)
 2019年県民投票 43万4273票(埋め立て反対)

安倍政権は埋め立てをやめよ
 投票結果を受けて日本政府、安倍政権は、辺野古への新基地建設はストップするのが当然のことではないでしょうか。法的拘束力がどうとか、いろいろと議論されていますが、沖縄県のみなさんがこうやって判断をした。しかも史上初めて、県民投票という形で結果を出した。これは本当に重く重要なことではないでしょう。
 この結果を真摯に受け止めると安倍首相はいっています。「真摯に」「真摯に」を繰り返しながら、でも土砂投入を止めない。埋め立てを強行し続ける。これは許されることではありません。許しがたいことです。
 玉城知事は県民投票の結果をもって、日本政府、そしてアメリカにも行って話し合いをすることになっています。「辺野古の新基地建設はストップを」。この声を大きくあげていきたいと思います。

米軍普天間基地は無条件で撤去を
新基地建設とリンクさせるのは筋違い
 安倍首相は、米軍普天間基地の危険性を一日も放置できない、といっています。まったく話をすり替えています。普天間基地はもともと強引に沖縄県民のみなさんの合意も得ないままに設置した基地です。これは、無条件で撤去することをアメリカに求めていくのが当然のことなんです。それなのに、普天間基地の「移転」を条件にして、辺野古の新基地建設を進めなければいけないということは、到底道理が通りません。普天間基地撤去と辺野古の新基地建設をリンクさせるということ自体、問題なんだということを私は強く述べたいと思います。

県民投票にすべての自治体が参加
 どうやって県民投票の結果が出たのか。この点も非常に重要だと思います。
 沖縄のみなさんは、これまでも知事選挙でも繰り返し、「辺野古の新基地建設はノー」の民意を示し続けてきました。繰り返しその民意を示してきたけれども、踏みにじってきたのが安倍政権です。
 そこで、県民投票でこの問題を、埋め立てを認めるかどうかの一点で問おうということで行ったのが県民投票です。私が重要だと思ったのは、県民投票を成功させるためにすべての自治体が参加する、そのために「賛成」「反対」だけではなく、「どちらでもない」という3択にすることで全体が合意して、すべての自治体で県民投票を実施することを優先させた。このことが本当にすごいことだと思います。

若い人たちが声をあげて
 あわせて、「『辺野古』県民投票の会」の元山仁士郎代表をはじめ、若い人たちが、この投票に参加しようということを呼びかけました。「この投票に参加をすることが重要だ」「みんなで、自分で考えて、大事な1票を投じよう」という呼びかけをしました。このことが大きな感動を広げました。

沖縄県民は民主主義を貫いて結果を出した
 安倍政権が沖縄県民の民意を踏みにじり続けている状況にあるにもかかわらず、県民は民主主義を貫いた県民投票を行った、このことは本当にすごいことだと思います。この民主主義を貫いて県民投票を行った結果、「埋め立ては反対だ」という声が圧倒した。このことを安倍政権は重く受け止めて、ただちに辺野古への新基地建設は中止をすべきだ。この声をみなさんと一緒にあげていきたいと思います。
 私たち日本共産党も、多くのみなさんと声をあげ、力を合わせて辺野古の新基地建設ノーの取り組みをすすめていきたいと思います。


たくさん激励をいただいた朝の宣伝
右は、東久留米市の北村りゅうた市議
b0190576_00081110.jpg
b0190576_00081604.jpg
b0190576_00082329.jpg
b0190576_00082690.jpg




by hara-noriko | 2019-02-27 00:08 | 活動日誌 | Comments(0)

2019年 みんなで良い年にしましょう   

辺野古の海への土砂投入を止めたい
沖縄のあきらめない運動に連帯
 2019年が明けました。みなさん、どのような思いで新年を迎えられましたか?
 私は、沖縄の辺野古の海に土砂が投入されている…この事態になんとしてもストップをかけなければならない、と強く思って新年を迎えました。あの美しい海をこわすこと、しかも民意をふみにじっての行為…。これを許してしまうことは、民主主義を投げ捨ててしまうことになる。あきらめない沖縄のみなさんの運動に学び、連帯し、とりくんでいきたいです。

17万筆超えたネット署名

 このなかで、ホワイトハウスに向けて、県民投票まで土砂投入の作業の停止を求めるネット署名が広がっており、17万筆を超えた(年末時点)ことは大きな希望です。立場の違いをこえて広がっています。

あたりまえの声が通る政治に
 すると今度は、芸能人が政治的な発言をすべきではない、というようなバッシングが出てくる。政治は、私たちの日常のくらしそのもの。米軍基地にかかわることは沖縄の人たちの日々のくらしであり、私たち日本に住むすべての人の平和にかかわる問題です。おかしいことをおかしいという、海を守りたいという、平和を守りたいという…。あたりまえのことをいえる、あたりまえの声が通る政治にしていかなければならない、とつくづく思います。

学校体育館へのエアコン設置
市民の声と党市議団・都議団の連携で前進
 昨年は、市民のみなさんと力を合わせ、国政・都政・市政連携してのとりくみをすすめるなかで、小中学校体育館へのエアコン設置に東京都の補助が実現するなど、大事な前進がありました。
 「孫が体育館での始業式で、熱中症で倒れた」「避難所にもなる体育館にエアコンを」などの声が地域からも寄せられました。共産党清瀬・東久留米両市議団はじめ、全都の区市町村議員団は、ねばりづよく議会でとりあげ続け、そこに学んで共産党都議団も条例提案を行いました。他の政党は賛成しませんでしたが、都補助の実現へつながりました。さらに連携を強め、私も都議団の一員として役割を果たしていきたいと思います。

政治を変えるチャンス

 今年は、統一地方選挙、参院選があります。草の根から政治を変えていく。市民と野党の共同で、安倍政権を退場させる流れをつくる。絶好のチャンスです。共産党は、市民の立場に立って、野党共闘が進むように役割を果たしていきます。その共産党へのお力添えをお願いします。私も全力を尽くす決意です。良い年にしましょう!


2019年 元旦に飛ぶコサギの群れ
b0190576_08501774.jpg

初日の出(東京都東久留米市の黒目川から)
b0190576_08502115.jpg

宮本徹衆院議員、東久留米市議団と一緒に宣伝(昨年末)
(左から)永田まさ子市議、村山順次郎市議、
原のり子、宮本徹衆院議員、
篠原重信市議、北村りゅうた市議
b0190576_08502538.jpg
声援もいただきました
b0190576_08503689.jpg





by hara-noriko | 2019-01-01 08:51 | 活動日誌 | Comments(0)

沖縄 美しい海を守る   

朝の宣伝で
 12月18日、東京・東久留米駅前でおこなわれた、かもしだ芳美(市議予定候補)事務所の朝宣伝に参加しました。後援会のみなさんがビラを配布し、篠原重信市議と私が交互にスピーチしました。
 沖縄県名護市辺野古の海に米軍新基地をつくろうと躍起になっている安倍政権。県民は繰り返し「新基地はつくらせない」という民意を突き付けてきました。それなのに安倍政権は、新基地建設のために土砂の投入を強行しました。いてもたってもいられない思いでスピーチしました。

辺野古の海に土砂投入
あまりにひどい安倍政権
 いま安倍政権、ひどすぎると多くの方が感じていらっしゃるのではないでしょうか。沖縄のあのきれいな海に、辺野古の海に、土砂の投入を強行しています。本当に許されません。

民意に耳貸さず一方的に
 沖縄県民のみなさんは、何度も何度も選挙で「米軍新基地はつくらせない」という民意を示し続けてます。翁長知事が当選し、翁長知事が亡くなった後に玉城デニーさんがオール沖縄の大きな声のなかで知事に当選しています。土砂が投入が開始されたのが12月14日です。玉城デニー知事は15日、辺野古にあるキャンプ・シュワブゲート前で座り込みを続けている人たちを激励、「われわれのたたかいは止まりません」と力強く訴えました。沖縄のみなさんの民意は明確なんです。
 何度も何度も民意を示しても、安倍政権はそのことに耳を貸さない。貸さないどころか、新基地建設のために土砂の投入を強行する。許されないことではないでしょうか。

日本は民主主義の国なのか?
 この日本は民主主義の国なのか? あらためて問いたい。そういう事態だと思います。沖縄県民に寄り添いたいなどといっていましたけれども、まったく逆のことをしています。沖縄のみなさんのこの痛みは、日本全国民の痛みなんだということを声を大にして訴えていきたいと思います。

きびしい審判を下すとき
 私も以前、東久留米市で平和の取り組みをしているみなさんと一緒に、沖縄に行きました。ゲート前にも行きました。きちんと話し合いでこの問題を解決するべきだ、とみなさんおっしゃっていました。そのときに見た辺野古のきれいな海を忘れることはできません。
 あの海を壊していく、平和と民主主義を踏みにじっていく。その安倍政権にきびしい審判を下していく必要があるのではないでしょうか。そのためにも、来年の春におこなわれる統一地方選挙、そして参議院選挙、一つひとつの選挙が本当に重要になってきていると思います。

「諦めない」を合言葉に
 そしてみなさん、土砂が投入され始めたからといって、終わりではないんです。新基地の建設を強行しようと思えば、これから十数年かかります。いま安倍政権はとにかく反対の民意を踏みにじって、土砂を投入して、どんどん既成事実を積み重ねて、沖縄県のみなさんと、日本の国民のみなさんを諦めさせようとしています。諦めないことがいま、いちばん重要です。玉城デニー沖縄県知事も「勝つことは諦めないことです」と語っています。これからの取り組みが重要です。みなさんとしっかり声をあげていきたいと思います。

「辺野古の海を壊すな」と訴えました
b0190576_23222161.jpg

たくさん激励をいただきました
マイクを握るのは篠原重信・東久留米市議
b0190576_23222926.jpg
b0190576_23223203.jpg




by hara-noriko | 2018-12-18 23:23 | 国政 | Comments(0)

沖縄・辺野古の海を壊すな   

 きょう(2月8日)の午後、村山順次郎市議と一緒に東久留米市内3カ所で訴えました。あちこちで紅梅・白梅が咲き、日差しもあたたかでした。北風が冷たいのが、やはり2月ですね。久留米西団地では、河津桜が咲き始めていました。何本かあるうちのいちばん早い木だそうです。

いてもたってもいられない
 さて、きょうは、いてもたってもいられない気持ちを訴えさせていただきました。それは、沖縄・辺野古の米軍新基地建設の問題です。
 昨日から、あのきれいな辺野古の海に、大きなコンクリートブロックが投下されはじめました。1つ11トンから14トンもある、たいへん重たいものです。防衛省沖縄防衛局は、これを3カ月ほどかけて228個も投下する計画です。
サンゴ礁とジュゴンの海
 もし、これが実行されてしまうと、美しいサンゴ礁、さらにはジュゴンなどの多様な生き物たちが棲む場所に大きな影響が出てくるといわれています。日本自然保護協会は7日、抗議声明を安倍首相や官房長官、防衛大臣、環境大臣らに送りました。「辺野古・大浦湾は沖縄県自然環境保全指針ランクⅠに指定されており、今年4月に環境省より重要海域の1つとして選定され、ラムサール条約登録湿地の候補地となり、国内外から生物多様性のホットスポットであると認識されている」とのべ、「保護とは真逆の作業開始は、国際社会の流れにも逆らうものであり、本海域の持つ生物多様性を日本の財産として保全することを求め、コンクリートブロック投入などの作業再開に強く抗議する」といっています。(全文は、こちらから)
 沖縄県民の命の源というべき海をしっかり守っていくことが本当に大事になっていると思います。
民主主義も踏みにじる
 辺野古の米軍新基地建設の強行は、民主主義を踏みにじる点からも許されません。
 翁長雄志県知事がアメリカに行って、新基地建設はやめてくれと訴えました。帰国するとすぐにコンクリートブロックの投下が始まりました。事前の協議もないんです。沖縄県は、事前協議をきちんとおこなうべきだと政府に再三申し入れをしてきました。政府は耳をかさず、暴挙がおこなわれています。
 私は、こういう安倍政権を許せません。退陣してもらうほかないと強く思っています。
都政刷新と安倍政権退陣の年に
 辺野古だけではありません。2~3人が集まって話し合ったら罪に問われかねない共謀罪、現代版治安維持法ともいうべき法案まで国会に提出しようとしています。政府は「テロ対策」のためといいますが、「テロ組織の定義はなんですか」と共産党の議員が質問しても答えられない。安倍政権は、そういうものを数の力で押し切ろうとしています。
 私は、この2017年を、都政も刷新するし安倍政権にも退陣してもらう年にするために、全力を尽くします。

村山順次郎市議といっしょに
b0190576_21332235.jpg

たくさん激励をいただきました
b0190576_21332880.jpg

もう咲き始めた河津桜(久留米西団地)
b0190576_21333249.jpg

homepage   twitter   facebook





by hara-noriko | 2017-02-08 21:38 | 活動日誌 | Comments(0)

沖縄ツアー その2   

どうしても行きたかった辺野古
 どうしても行きたかった辺野古。どんな海を埋め立てようとしているのか、それをさせまいと現地でどんなふうにとりくんでいるのか…。4月5日の朝、県庁前から島ぐるみ会議の「辺野古バス」に乗って現地へ向かいました。
座り込みをしている市民の方々
 現在、国と県の和解成立のもと、話し合いに入っており、工事は止まっています。しかし、安倍首相は和解受け入れの会見で、「辺野古が唯一」とも表明。その後も、安倍政権は「辺野古が唯一」と繰り返しています。こうしたなか、学習や交流をしながら監視が続けられています。「写真1」は、篠原さんと。広い道路を隔てた金網の向こうがキャンプ・シュワブ(在日米軍海兵隊の基地)のゲートです。座り込みをしている市民の方々がいるのは、道路を隔てたこちら側。ゲート前や歩道を封鎖するわけではなく、整然と。おばあさんがニコニコと、来てくれてありがとう、と声をかけてくれます。
海を見守り続けて
 また、海へ行くと、そこにも長年海を見守り続けている市民の方々が。海の色が変わっているところにサンゴ礁があること、サンゴ礁もさまざまな種類があること、辺野古はジュゴンの採食場所であり、生息のために不可欠であること、これまでの取り組みの経緯…などなどくわしく説明してくださいました。(写真2)
 浜には、金網があり、その先には行けません(写真3)。海の向こうには防衛省の監視船が(写真4)。私は写真の技術がなくて、海のすばらしさが伝えられないのが残念ですが、その場に行ってみて、こんなにすばらしい貴重な海をつぶすなんて、本当にありえないと実感です。しかも、辺野古は単なる普天間の移転ではありません。普天間以上の増強された新基地なのです。
「もう基地はつくらせない」の「もう」に思い込め
 バスのなかで沖縄の方が話してくれました。「もう基地はつくらせない、というステッカーの、『もう』というところに私たちの思いが込められています。もうたくさんなんです」と。人間関係も含め、ほんとうに言葉にできない苦労があるのだと思いました。新崎盛暉沖縄大名誉教授が、それでも、保守も革新もこえて一緒にとりくむのは、沖縄戦の歴史、由美子ちゃん事件をはじめ基地の事件を通じての人権を守るとりくみ、それらを通じての沖縄の人の誇りがあると辺野古で話してくれました。すごい…。
これまで以上の確信をもって
 1回たずねただけの私に言えることなんてあるのか…と思うほどの衝撃を受け、深く考えさせられ、今も考え続けています。でも…、普天間基地は無条件返還、辺野古に新基地はつくらせてはいけない。沖縄だけの問題でなく、日本全体の問題なんだと、これまで以上の強い実感と確信をもって言いたいです。

 名護市が米軍基地のことや辺野古移設のことについて解説したパンフレットをつくっています。「米軍基地のこと、辺野古移設のこと」は、こちらから。

(写真1)米軍キャンプ・シュワブのゲート前で篠原さんと
b0190576_00055787.jpg
(写真2)辺野古の海。海の色が変わっているところにサンゴ礁が
b0190576_00060716.jpg
(写真3)浜を分断する米軍基地の金網
b0190576_00260516.jpg
(写真4)防衛省の監視船。左の金網はキャンプ・シュワブ
b0190576_00061133.jpg
沖縄ツアー その1
沖縄ツアー その3
沖縄ツアー その4

by hara-noriko | 2016-04-14 00:07 | 活動日誌 | Comments(0)

沖縄・辺野古座り込み支援ツアーに参加中   

 いま、4日から6日の日程で沖縄に来ています。東久留米反核平和市民実行委員会のよびかけによる、辺野古座り込み支援ツアーに参加しています。総勢24名。18歳から80代の方まで。篠原議員も参加しています。
 初日は、米軍の普天間基地と嘉手納基地を見に行き、不屈館を見学。基地の現実を見て圧倒され、でもそれ以上に、沖縄の人々の不屈のたたかいに圧倒されました。また詳しくは、報告したいと思います。
 2日目は、いよいよ辺野古へ。3日目は、ひめゆり平和祈念資料館や首里城公園へ。
たくさん学び、からだいっぱいに沖縄を吸収して帰りたいです。


by hara-noriko | 2016-04-04 23:46 | 活動日誌 | Comments(0)

ずしりと伝わった沖縄の心   

琉球新報東京支社報道部長の島洋子さんを講師に
 1月31日、講演会「沖縄は 今、何が起きているのか」(戦争はいや!声をあげよう実行委員会の主催)に参加しました。講師は、琉球新報東京支社報道部長の島洋子さん。会場は超満員。寒い夜に、東久留米でこんなにたくさんの人が沖縄のことを知りたいと集まってくる…まずそのことに感動でした。
辺野古新基地建設は米軍の機能強化
 島さんは、宜野湾市長選で、現職市長陣営が、普天間基地の移設とは言わず、「まずは返還してもらおう」と言うことで徹底していたこと、出口調査で、辺野古新基地建設に反対と答えた人が56%、そのうち3割が現職市長に投票した人であったこと、などくわしく話してくださり、今回の市長選の結果をもって政府の思い通りに行くかというとそうではないのでは、と。辺野古につくろうとしている新基地は、普天間の単なる移設ではなく、たいへんな機能強化であるという事実をくわしく話してくださり、なるほど!と思いました。
基地が沖縄の振興を阻害している
 また、沖縄は「基地で食っている」といわれるが、そうではないという事実を様々な角度から説明され、目からウロコ、でした。実際に国からの交付税等は、全国で7位程度。仲井真知事時代につくられた沖縄の計画でも、基地が密集していることが沖縄の振興を阻害している要因、と明記していること。実際に、返還跡地利用による経済効果は、どこでも返還前の数十倍以上になっていること…など…。こういうことを、沖縄以外に住んでいる私たちはもっと知らなければならない、とつくづく思いました。
二度と間違ったペンはとらない
 そして、何より胸を打たれたのは、島さんのジャーナリズム精神…。島さんは、「私の中に沖縄の歴史が染みついている」と。中立ということばで、どっちもどっちの報道でいいのか…。過去の戦争における反省から、二度と間違ったペンはとらないという決意。沖縄の人たちのために発信していく熱い思い…。
 沖縄の人たちがなぜ「屈しない」のか。島さんのお話しからずっしり伝わってきました。講演会に参加できて、本当によかった…。ありがとうございました。

講演する島洋子さん
b0190576_01332776.jpg


by hara-noriko | 2016-02-05 01:33 | 活動日誌 | Comments(0)