タグ:通学路 ( 3 ) タグの人気記事   

決算特別委員会の質疑から(2)道路の安全をめぐって   

 都議会決算特別委員会で私がおこなった質疑の報告です。2回目は、道路の安全対策です。

生活に欠かせない道路の補修や歩道設置を急げ
 建設局の決算審査では、道路橋梁(きょうりょう)費について質問しました。道路橋梁費全体の当初予算は3967億8700万円。そのうち、環状2号線などの街路事業費が2159億6200万円を占めています。実際には、予定通りには進まず、決算としては1231億8991万Ⅰ千円です。かたや、道路補修費の決算は、215億8900万円。交通安全施設費は357億円余り(無電柱化推進積立基金を除く)。住民が反対する新規大型道路の建設を進めるのでなく、もっと、住民生活に欠かせない既存道路の補修や歩道設置などの安全対策に予算を振り向けるべきです。そうした考えから、質問しました。

歩道整備は年間1611mだけ!?
 決算によると、1年間で歩道整備は1611mです。これは、あまりに少ないのではないでしょうか。質問したところ、12か所実施したものの、実施できなかった箇所も残されているとのことです。

遅れている所沢街道の歩道整備
 私は、実施が大幅に遅れている所沢街道について質問しました。歩道設置を求めて、くりかえし市議会にも請願陳情がだされ、全会一致で可決されているにもかかわらず、10年以上も解決していません。交通事故もおこり、一日も放置できない場所です。
 都は、「南町4丁目から八幡町2丁目までの1.3キロメートルの区間について、市と基本協定を今年の4月に結び、用地取得業務は市が、設計・調査・工事を都が行うことを定めた。今後、事業化に向けすすめていく」との答弁。

歩道について都は「整備の推進は重要」と答弁
 改めて、歩道整備をすすめる意義についても質問。都は、「歩道は歩行者の安全確保はもとより、ライフラインの収容空間の確保など、多様な機能を有している。整備の推進は重要である」と。推進を強く求めました。

都道前沢保谷線の一部区間
通学路の安全対策を実施して今年度末、市に移管
 もうひとつとりあげたのは、東久留米市内の都道前沢保谷線の一部区間(旧市役所通り)についてです。ここは並行した位置にある都市計画道路東3・4・19号線の整備が完了したことに伴い、市に移管されることが決まっています。しかし、もともと、通学路の安全対策など強く求められながら十分に解決していない道路です。移管にあたっては、都として対策をきちんととったうえで行われるべきです。
 そのことを質問したところ、「市と協議をしている。市の要望を十分に反映した工事を予定している」とのこと。通学路の危険なふたかけ部分を連続したコンクリート板に更新、カラー舗装の塗り直し、交差点の巻き込み部分の車止めの設置、など具体的に答弁がありました。それらを実施したうえで、今年度末に移管する、と。
 私はそのうえで、子どもたちが歩く側に、通学路だということがはっきりわかる表示が必要であることを指摘し、強く要望しました。

 詳細は、改めて掲載します。


カワセミ

b0190576_17273149.jpg

羽を繕うコサギ

b0190576_17273688.jpg

カルガモの水浴び
b0190576_17273920.jpg






by hara-noriko | 2017-10-29 17:30 | 都議会 | Comments(0)

予算特別委員会 来年度予算案を否決   

3月中に臨時議会 暫定予算の見込み
 予算特別委員会が終了しました。行政側も「矛盾がある」「イレギュラー」と認める来年度予算案は、共産・民進・市民自治・久留米・社民の反対で否決に。27日の最終本会議で、討論・採決を行い、正式に決定します。
 4月からの市民生活に影響が出ないように、3月中に臨時議会が開かれ、暫定予算を組むことになる見込みです。その暫定予算の中身がどうなるのか、問われます。またお知らせします。

【私の議会質問から】
 さて、一般質問の質問内容はお知らせしていましたが、答弁がどうだったのか、やりとりのなかで大事だと思ったことは何か、についてまだ報告していませんでした。一般質問でとりあげ、さらに、厚生委員会や予算特別委員会でもとりくんだ課題も多くあり、その到達点を順次ご報告します。

通学路の安全対策 交通擁護員の配置を求める
旧市役所通りのパチンコ店付近(1小通学路)
小山通りの仮称おひさま保育園付近
 まず、新1年生が入学する目前ということで、通学路の安全対策から。
 旧市役所通りのパチンコ店付近(1小通学路)と小山通りの仮称おひさま保育園付近(3小通学路)についてとりあげました。保護者や地域のみなさんのご意見をうかがいながら、長年とりくんできている危険箇所で、学務課でもできる対応はしてきてくださっています。
 しかし、パチンコ店付近は歩道もなく車と歩行者がぎりぎりの状態。そのため、駐車場内を児童が通ってしまうこともあり、それも含めてとても危険です。また、おひさま保育園付近は通り抜け道路になっていて、保育園の工事中、大型車が立ち往生しその横を児童が通るようなことも起きています。さらに、4月から開園すると、保護者の車や自転車もたくさん来ます。両方とも、交通擁護員の配置が必要だと、強く求めました。
 担当課長の答弁は、「この時期の見守り強化については、保護者・地域のご協力をお願いしていきたい」という範囲にとどまりましたが、人の配置が必要であるという認識にたっていることはわかりました。また、おひさま保育園付近については、学務課だけでなく、子ども家庭部も一緒に対応すべきだと求めたところ、対応していくとの答弁がありました。
 引き続き、状況を見守りつつ、改善を求めていきます。
情報公開審査会 委員の名簿公開「前向きに検討」
 情報公開審査会については、最近5年間の開催状況は4回とのこと。委員の名簿は公開していない、との答弁でした。
 公開していない理由を問うと、名簿を公表することにより、その審議にかかる関係者などが委員に直接意見を申し出ることも想定される、と。でも、東京都も近隣の東村山市などでも公開しています。むしろ、きちんと公開することによって、不服申し立てについて見識ある人たちが審査して回答しているということを示すことになる、検討すべきだと求めました。
 また、名簿を公開していない自治体であっても、審査会とは別に、公募市民も参加しての委員会をつくり、市民の疑問に応えていく仕組みを設けている例もあります。そうした事例も検討していただき、情報公開を促進していくことを求めました。担当部長からは、他自治体の事例も含め、前向きに検討すると答弁がありました。情報公開を促進してくうえで、大事な答弁だと思います。

コゲラ(国内でいちばん小さいキツツキ)
b0190576_01040603.jpg
お知らせです
b0190576_01041352.jpg


homepage   twitter   facebook




by hara-noriko | 2017-03-24 01:08 | 市政報告 | Comments(0)

本会議一般質問(2)市民の声を無視した公立保育園全廃計画   

 3月9日、東京・東久留米市議会本会議で一般質問に立ちました。特別支援教育、保育、障害福祉、情報公開の4つの柱で質問しました。その内容を3回に分けてお伝えしています。2回目は、通学路の安全対策と保育行政についてです。

もうすぐ新1年生が入学 急がれる通学路の安全対策
 通学路の安全対策についてうかがいます。まもなく、新1年生が入学します。改めて、危険個所の対策を早急に求めます。これまで何度かとりあげ、また、担当課においても足を運び現場を確認し、一定の改善がはかられていますが、状況の変化などもあり、抜本的な対策が必要と考える場所についてうかがいます。
 ひとつは、旧市役所通りの第一小学校の通学路、パチンコ店付近です。
 もうひとつは、小山通りの第三小学校の通学路、仮称おひさま保育園付近です。
 両方とも、交通擁護員が必要だと考えます。検討状況をお聞かせください。

共産党は公立保育園全廃計画の撤回を求めてきた
 「東久留米市保育サービスの施設整備・運営及び提供体制に関する実施計画」の改訂についてうかがいます。
 この実施計画は、突然、昨年の3月に出されました。待機児解消の計画とともに、公立保育園を全廃する計画をもりこんでおり、共産党市議団としては、公立保育園全廃計画を撤回することを強く求めてきました。
計画の見直し 市民の意見に耳をかさないままでいいのか
 このたび、昨年9月に本町に予定されていた民間保育園の新設がとん挫し、さらに市長は、しんかわ保育園の廃止の時期を1年延ばすとしたことから、実施計画は見直すことになりました。それならば市民や保護者参加のもと見直しを、と求めましたが、いっさい耳をかさず、庁内で改訂をおこないこのたび発表されたと認識しています。改めてうかがいますが、本当に市民意見は全く聞いていないのでしょうか?
保育を民間に委ねる市の方針に展望があるといえるのか
 保育のふたつめとして、市は、今回の実施計画改訂にあたって基本的な考え方は変わっていない、といいます。つまり、公立保育園は全廃して、市の保育行政は民間に委ねようという方針である、ということですが、この方針に展望はあるのでしょうか。
 2004年に当時の国立病院の院内保育所全国120カ所を一手に受託したピジョンが、来年度末に撤退するということになったと報道されています。また23区では、株式会社も含め、認可保育所運営に手を挙げる事業者が激減しているという悲鳴もあがっています。市としては、こういう状況のなか、民間化に展望があると考えているのかうかがいます。
待機児の状況は?
 保育の3つ目として、待機児の状況についてうかがいます。市のホームページに、1次申し込み、2次申し込みのそれぞれの状況の表が示されています。来年度当初も、相当数の待機児になるのではないでしょうか。そして、3歳で入れない人が出るのではないでしょうか。うかがいます。また、そのなかで、小規模保育などの2歳までの保育園を卒園して、3歳児で入れないという人がいないかどうか、お聞きします。

本会議一般質問(1)中学校に固定の情緒障害学級を
本会議一般質問(3)都の心身障害者医療費助成 対象者拡大を

ホトケノザ
b0190576_22493263.jpg

homepage   twitter   facebook





by hara-noriko | 2017-03-10 22:51 | 市政報告 | Comments(0)