タグ:都営住宅 ( 7 ) タグの人気記事   

都営住宅の空き住戸で都に申し入れ   

東久留米生活と健康を守る会の調査をもとに
 4月13日、東久留米生活と健康を守る会のみなさんが、市内の都営住宅の空き住戸の状況を調査した結果について、東京都・都市整備局に申し入れをおこない、懇談しました。篠原重信、北村りゅうたの両市議、私も参加しました。都市整備委員の白石たみお都議も同席してくれました。

空き住戸を歩いて調査 「もっと募集にまわして」

 守る会のみなさんは、歩いて調査し、200を超える空き住戸があったことを示し、もっと募集にまわしてほしいと話をしました。これに対し、都市整備局は、空き住戸224戸のうち、募集に充てるものが131戸であることを明らかにし、建て替え時のために確保しておく事業用を72戸としていること、残り21戸は住居変更などへの対応のために確保していると説明しました。
 参加者から、「今後の建て替えのスケジュールを示してほしい。それによって、事業用が72戸必要なのかどうかがわかる」と指摘があり、「改めて建て替え予定などを調べて報告する」と。

切実! 都営住宅の新規建設

 また、さまざまな要望も出されました。
 「老朽化とカビ、近くの工場の煙で外壁の汚れがひどい…という住宅への対応を」については、「営繕の担当に伝える」。
 「シルバーピアをふやしてほしい」との声については、「まず、市が予定するかどうかが重要」。
 そして、色々と意見交換をするなかで、「今日参加して、空き住戸すべてが、むやみに空けているわけではないとわかった。ということは、本当に都営住宅は足りないということではないか。申し込んでも倍率が高くて入れない現状。新規建設をしてほしい」との声が。本当にその通りだと思いました。
 今回の調査と申し入れによって、空き住戸の内訳が明らかになったことは、とても重要でした。そして、新規建設は必要不可欠であることもますますはっきりしました。守る会の、日ごろからの相談会などの地道な活動があってこそ、と実感です。引き続き、一緒にとりくんでいきます。


東京都に申し入れる東久留米生活と健康を守る会のみなさん
篠原・北村両市議、私も同席しました
b0190576_11592346.jpg
新緑
b0190576_11592948.jpg







by hara-noriko | 2018-04-21 12:00 | 活動日誌 | Comments(0)

もっと住みよい都営住宅に   

東京・清瀬市 原田ひろみ市議事務所の「つどい」に参加
 3月30日は、東京・清瀬市の原田ひろみ市議事務所主催による、「もっと住みよい都営住宅に! みんなであれこれ語るつどい」に参加しました。

竹丘地域に都営住宅が1600戸
「共産党のあつまりには初めて参加した」という人も

 竹丘地域でおこなわれた「つどい」ですが、会場の椅子がたりなくなる30人を超える参加者。「友だちを誘って3人で来ました」「共産党のあつまりには初めて参加します」などの声が次つぎ。
 ご案内のチラシには、「竹丘地域には、約1600戸の都営住宅があります。建設は1970年~1996年まで様々。設備の老朽化や修繕の自己負担、エレベーターがない問題、使用承継の制限、自治会の運営など、都営住宅の『あれこれ』について話し合い、どうしたら解決できるか、一緒に考えませんか」との原田市議のよびかけが。みなさん、切実な思いをもって集まってこられていました。

自治会の運営、ゴミの当番…切実な声が
 私はごあいさつを兼ねて、新規の都営住宅をふやさない東京都の姿勢の問題や、さまざまな改善についてはすべてが自己責任と決まっているわけではなく、構造上の問題から公費負担になるものもあることなども紹介。また、都議会定例会の報告も若干させてもらいました。
 みなさんから共通して出されたのは、高齢の方が多い中で、自治会の運営や日々の暮らしが大変になっていること。ゴミの当番や草取りなど、やりたくてもできない人もふえている。役員のなり手にも困っている。自治会費の負担も小さくない。公社や東京都に相談しても、自治会まかせにされることが多い…などの声。

今の状況に合った改善が必要
 「数年前に引っ越してきて、まわりの方々はみんな親切で本当によかった」「でも、当番などができないから本当に心苦しい」との声もありました。高齢化したなかで安心して住み続けられるように、今の状況に合った改善を都としても考えていくことも必要ではないか、と感じました。

設備の不具合も
 そのほか、設備面での不具合も色々出されました。本来、自己責任ではなく、公費で修繕しなければならないのではないか、と思われるようなケースもあり、ひきつづき私もみなさんと一緒に取り組んでいきたいと思います。

集まって話し合える大切さを実感
 また、みんなで集まって話すことで、「うちの自治会では、こう改善した」「お宅のところ、どうしてる?」などの交流もできたことはとても大事だと思いました。すぐに解決にならなくても、ここにきて色々話し合えるね、と感じられたことはとても有意義だったと思います。
 原田市議や地域の共産党支部の方々が、日ごろからみなさんの声を聞いていたからこそできた大事な企画だと思いました。私も都政の場から、できることをしていきたいと強く感じました。


タンポポ
b0190576_22571760.jpg
ホトケノザ
b0190576_20024901.jpg
スイセン
b0190576_20025291.jpg


by hara-noriko | 2018-04-03 20:06 | 活動日誌 | Comments(0)

生活の現場から生の声を都政に届ける   

 都議会議員になって半年がすぎました。日々新しい体験をしていますが、そのなかでも都民の声を都政・都議会に伝えることの大切さを実感しています。都営住宅の問題を例に、考えていることをお伝えします。

 都営住宅の改善、都営住宅の建設、これがなかなか進まないという問題があります。カビが発生をしているけれども、「カビを除去するのは自己責任」だといわれたり、承継問題でも「子どもに引き継いでもらえない」ということで苦労されています。そして、エレベーターの設置が決まってもなかなか進まない。
 この都営住宅の問題は、私が東久留米市議会議員のときから取り組んできました。でもやっぱり都政の問題なので、都議会議員になったのでようやく直接質問できるようになりました。

 実際に、決算特別委員会で取り上ることができました。シルバーピア(高齢者向けの都営住宅)に住まわれている方の話を質問のなかで紹介しました。ご夫婦が住んでいて、「一人が亡くなられたら一人用の部屋に移ってほしい」といわれていました。そのための誓約書も書かされてるんです。「このことを考えると夜も眠れない」という声もたくさんあって、「こういう状況をどう考えるのか」と話しました。

 そうしたら、担当部長が手をあげて、前に出てきました。そして、「強制はしません」と、2度繰り返しました。事実にもとづいたみなさんの生の声、これが本当に政治を動かすんだ、とこのとき思いました。都政というのは都民の生活からちょっと距離があります。ですから、できるだけ都民のみなさんの声をそのまま、きちんと伝えることが都議会議員の役割なんだなということを私はこのときに学びました。

 できるだけ都民のみなさんと一緒に活動しながら、生の声を都政に届けていく、暮らしをよくしていく取り組みを強めていきたいと思います。これからもいろいろと相談をしたり、「みなさんの声を教えてください」とたくさんお願いをしたりすると思います。ひきつづきよろしくお願いします。


いろいろな場所で都政の報告をしています
b0190576_23385345.jpg
b0190576_23362039.jpg
梅の花がほころび始めました
b0190576_23362618.jpg
b0190576_23363217.jpg



by hara-noriko | 2018-02-13 23:36 | 都政報告 | Comments(0)

決算特別委員会の質疑から(1)都営住宅をめぐって   

 決算特別委員会の第三分科会が終わりました。ふ~。都議会での質問の仕方は市議会のときと違う部分もあり、色々な意味で勉強になりました。
 私がとりあげたテーマは、都営住宅問題、生活道路の改善と安全対策、都市農業支援です。市民のみなさんからうかがっている切実な問題を、昨年度の決算をふまえて質問しました。いくつか、大事なやりとりもできました。順次報告します。

住居内のカビ問題 ただちに調査して対応してほしい
 都営住宅の営繕についての決算は、予算額を大きく超えている。もともと、予算が少ないのではないか。しかも、対応されていない問題も多く残っている。…そのひとつが、住居内のカビ問題です。
 建て替え直後にカビが発生し相談したがとりあってもらえず、結局一部屋が使えない状態で何年も暮らしているという方。また、風通しも悪くない部屋でも、カビが発生し、住んでいる方の使い方の問題に解消できないケースも。これまで、何人もの方から声が寄せられ、市議の時から尾崎あや子都議や白石たみお都議の力もかりて解決に向けて取り組んできました。いよいよ、自分自身が都議になり、直接質問することができました! わかったことは…。
漏水や建物の構造を理由にした場合などは公費で修繕できる
 カビについては入居者の負担で修繕するということになっているが、漏水や建物の構造を理由にした場合などは、公費負担で修繕する。調査をしたうえで判断している。今問題になっているところを改めてただちに調査し、対応してほしいと強く求めました。

エレベーターの設置 自治会からの要請が330件も
スピードアップを強く求める
 エレベーター設置も切実です。既存の都営住宅に設置してほしいとの自治会からの要請が、なんと現在330件ということがわかりました。毎年、65基分の予算を組みながら、30基程度しか設置されていません。これでは、10年かかってしまいます。スピードアップを強く求めました。また、1棟あたり4階段以上の住棟についてのエレベーター設置も19棟の要望があることが明らかに。推進体制の強化も含め、求めました。

都営住宅建て替え後の都有地活用
 建て替え後に創出される都有地の活用について、清瀬市でも中里や野塩で大きな課題です。この5年間は、創出用地について、福祉施設にしているところが多いこともわかりました。同時に、地域開発要綱にもとづけば、福祉以外の施設でもつくることが可能です。
地元区市の要望をふまえ連携し活用をすすめていく、の答弁
 大事だったのは、都有地の活用にあたっては、地元区市の要望をふまえ、連携し活用をすすめていく、という答弁です。都有地は都民の財産です。ぜひ、市民のみなさんの声が反映されるように求めていきます。

二人世帯向けシルバーピア

連れ合いが亡くなっても引っ越しは「強制ではない」
 二人世帯向けのシルバーピア(高齢者住宅)については、入居者が一人になったときは、一人世帯用の居室に移動するという誓約書を書いた上で入居しています。しかし、高齢になってから連れ合いが亡くなり、引っ越さなければならないという負担は大変なものです。一人亡くなって荷物が一人分になるわけでもありません。その問題を考えると夜も眠れない、との声も寄せられています。これについては、部長答弁で、「あくまでも強制ではない」と! 大事な答弁だと思いました。

福島からの避難者が都営住宅に入れるように
 最後に聞いたのは、福島からの避難者の方が、都営住宅に入れるように支援をしてほしい、ということです。東久留米では、まもなくとりこわす国家公務員住宅にお金を払って数世帯の方が住んでいます。都営住宅に申し込んだが入れなかった方もいます。改めて、条件を緩和して募集をしてほしい、と強く求めました。また、カビもひどく老朽化している居室にメンテナンスもなく住んでいる状態の改善を、東京都からも国に働きかけをと求めました。これからが大事。とりくみを強めます。

 やりとりの詳細は改めて紹介します。


決算特別委員会第三分科会での質疑(10月27日)
左端は、いび匡利(まさとし)都議
b0190576_21374464.jpg
ハナミズキの実
b0190576_21375227.jpg
b0190576_21375610.jpg
【関連記事】
決算特別委員会の質疑から(2)道路の安全をめぐって
決算特別委員会の質疑から(3)都市農業への支援をめぐって




by hara-noriko | 2017-10-27 21:38 | 都議会 | Comments(0)

都営住宅 急がれる新規建設と環境改善   

 東京・清瀬市で開かれた「女性のつどい」(4月22日)。私は都議予定候補(北多摩4区=清瀬市・東久留米市)としてスピーチしました。(1)公立保育園に対する都の補助復活(2)東京都心身障害者医療費助成制度の拡充(3)都営住宅の新規建設と環境改善(4)シルバーパスの改善(5)三多摩格差の解消(6)私の政治信条―の6つです。順番に紹介します。3回目は、都営住宅です。

どうしても都議会議員が必要です
 都営住宅は、新規建設と環境改善は本当に切実で、たくさんの要望が寄せられています。
 清瀬市議団も東久留米市議団もずっと取り組んできていますが、やっぱりここは都議がどうしても必要なんです。市議会で「改善してください」といっても、市では改善できません。私が都議会に出て、都営住宅改善の問題を直接まっすぐに取り上げたい。新規建設もすすめたいと思っています。

福島から避難してきた人も入れない現実
 先日、「都営住宅はこれ以上いらない」とおっしゃる方に出会いました。希望があって入れない実態があることをお話ししました。それと、原発事故で福島から避難してきている方が清瀬にも東久留米にいらっしゃいます。こういう方たちが都政住宅を希望しても、優先されるわけでもないので、「2回応募しても入れていないんです」というお母さんもいます。そのこともお話したら、「きちんと手立てをとらないといけないわよね」とおっしゃっていました。


力強い激励をいただきました
b0190576_20384923.jpg
お知らせです
b0190576_20400444.jpg

群生するホトケノザ
b0190576_20442805.jpg



homepage   twitter   facebook






by hara-noriko | 2017-04-25 20:42 | 東京都政 | Comments(0)

都政に挑む 私の決意(5)共産党と一緒に政治を変えましょう   

 東京・東久留米市で開かれた「国政・都政報告会」。私のスピーチの5回目、最終回です。小池都政への態度、都民の切実な願い、そして決意…。

小池都政 良い施策は応援 そうでない施策は正す
 いま、選挙で生き残るために知事にすり寄る会派・議員が多くでてきていますが、共産党は違います。知事の提案で都民の願いに応えるよいものについては、それを応援する、より前にすすめる。でも、都民にとって良くないものはそれを正していくためにきちんと提案していく、是々非々の立場です。そうした立場から、小池知事の予算案に賛成しています。

大型開発優先の政治を切り替えてこそ刷新できる
 小池知事の予算案は、都民の願いに応えるものもあります。しかし、同時に石原都政以来の大型開発優先の政策は引き継がれたままです。ここを切り替えることによって、はじめて都政は刷新できます。スウェーデン1国並みの予算を都民のみなさんのために使っていくことができます。論戦のなかで、知事から、「今後事業化する道路建設について、見直すべきは見直す」、またNICU(新生児集中治療室)や子どもの医療費などの三多摩格差についても、格差解消へとりくむとの答弁を共産党都議団は引き出しています。今後につながる重要な答弁です。

大きな意味もつ都議選
 これらが本当に生かされるかどうかは、都議選にかかっています。私は、みなさんの要望をまっすぐ都政に届けるとりくみを、すすめていきます。

シルバーパス改善条例案 引く続き都議会で議論
 今、地域を歩いていると、たくさんの声、要望が寄せられます。
 ひとつは、シルバーパスです。2万510円払わなければ買えないのでやめた、という方に何人か出会いました。高齢者が元気にお金の心配なく外出できるためのものが、高いから買えない、なるべく家にいるようにします、という方もいらして、胸が痛みます。
 共産党都議団は、他の会派にもよびかけ、生活者ネットと条例改正案を共同提案しました。これが継続審査となり、次の議会で引き続き議論することになりました。とても大きな前進です。一方、自民党は反対しています。

「都営住宅ふやして」の陳情 自民・公明などが反対して不採択に
 もうひとつは、都営住宅の新規建設と住環境の改善です。生活と健康を守る会が都議会に提出していた陳情の審査が先日委員会で行われました。守る会は、石原都政以来建設されていない都営住宅をふやしてほしいと訴えていました。ところが、この陳情に自民・公明・東京改革(民進)・維新などが反対して不採択になりました。

山ほどある切実な願い
 また、特別養護老人ホーム、保育園の待機児対策も急務です。障害者の医療費助成の拡充も重要な課題です。
 都立清瀬小児病院廃止以来、子どもの骨折は府中小児総合医療センターまで行かなければならなくなってしまいました。この改善も必要です。多摩北部医療センターに申し入れと懇談を行う予定です。
 子どもの医療費も、都内から引っ越してきた方が、小中学生は通院するたびに負担が生じていること、所得制限もあることに驚いています。まさに三多摩格差であり、こういうところこそ、東京都の財政力でどこに住んでいる都民にも同じサービスを提供できるようにすべきです。

石原都政以来の冷たい政治 共産党の前進で切り替える
 私は、みなさんの切実な願いは、石原都知事が「何がぜいたくかといえば福祉」といって福祉を削ってきた、そのことの反映だと実感しました。豊洲を強行し、大型開発はすすめながら、福祉を削減してきた、この路線を切り替えなければなりません。そのために、共産党を伸ばしてください。

宮本徹衆院議員が厚労省との話し合いの場をセット
 都議選で勝利することができれば、衆院選、そして市長選にも必ずつながります。宮本徹衆院議員は、東京20区の候補になります。
 公立保育園の廃止問題で、宮本議員が厚労省との話し合いの場をセットしてくれ、その話し合いのなかで、東久留米市の公立全廃計画の進め方は、信義則に反するのではないかという厚労省の発言がありました。それをもとに市議会でも論戦、保護者のみなさんと運動してきました。そのなかで、いったん廃止計画が1年先送りになりました。

必ず都政に行かなければ、と決意
 私はこのときに、それぞれの市の問題を市の中だけでどうにかしようとするのでなく、国や都に働きかけをしていくことの大切さを改めて学びました。共産党のこのネットワークをフルに活用し、また共同を追及し、市民のみなさんの暮らしがもっとよくなるようにがんばりたい。そのために、自分自身が必ず都政に行かなければと決意しています。
 みなさんと共に考え、行動し、全力を尽くします。そのことを表明し、私の決意といたします。ありがとうございました。

みなさんからたくさん元気をいただきました
b0190576_23042928.jpg
b0190576_22540358.jpg
花粉だらけの顔で桜の蜜を吸うヒヨドリ
b0190576_22541025.jpg


homepage   twitter   facebook





by hara-noriko | 2017-04-13 22:59 | 東京都政 | Comments(0)

私の思い(3)都民の声を都政にもっていく   

 清瀬市と東久留米市の2カ所で開かれた日本共産党の国政報告会(10月22日)。私の訴えの3回目です。

■都営住宅やシルバーパス 切実な声ばかり
 いろいろな方々とお会いして、ご意見や要望をうかがっています。特別養護老人ホームの増設、在宅で介護されている人たちへの支援、都営住宅の増設・改善、シルバーパスの改善など切実なものばかりです。
 都営住宅をめぐる要求は非常に多いので、都議会に出ていってぜひ取り上げたいと思っています。
 シルバーパス改善の要求も本当に強いです。70歳以上で市町村民税が非課税の方は1000円です。課税されている方は2万510円です。中間がありません。「これでは安心して外出できない」「生きいき生活することができない」という声ばかりです。
 シルバーパスを地域に根ざしたコミュニティバス(コミバス)でも使えるようにしよう、という改善が各地で始まっています。しかし、東久留米市にはコミバスがありません。コミバスを走らせることも含め、共産党の都議団と市議団とが一体となって、みなさんの願いを実現させたいと思っています。
■命と平和をまもる
 政治でもっとも大事にしなければいけないのは、命と平和だと思っています。憲法9条をしっかり守りたい。日本を「戦争する国」にしてしまう安保法制(戦争法)を廃止したい。米軍横田基地へのオスプレイの配備が来年度から本格的に始まります。都議選と時期が重なります。なんとしても撤回させたい。オスプレイの配備に反対して座り込み行動を続けている人たちがいらっしゃいます。そうした姿から学びながら、しっかり取り組んでいきたいと思います。(つづく)

私の思い(1)「都政の壁」を破りたい
私の思い(2)共同の流れを清瀬・東久留米から
私の思い(4)みなさんと力を合わせる

みなさんの願いを一緒に実現しましょう、と訴えました
b0190576_23233205.jpg
ミゾソバ
b0190576_23233816.jpg

by hara-noriko | 2016-10-25 23:24 | 東京都政 | Comments(0)