タグ:都民の声 ( 3 ) タグの人気記事   

都民みんなの人権が尊重される東京に   

都議会で人権条例が成立
  都議会第3回定例会(9月議会)が終わりました。
 人権条例は、自民党の反対、かがやけTokyoの退席がありましたが、賛成多数で可決しました。共産党提案の修正案により、条例案をより良いものへとさらに前進させることができなかったのは残念ですが、質疑を通して大事な確認もできたことは、今後の運用で必ず生きると思います。人権条例が成立して、本当によかったと思います。


共産党が求めてきたもの
 これまでの議論のなかで、共産党としては、▽憲法を位置づけること▽差別の禁止を明確にすること▽啓発だけでなく教育を位置づけること▽都民参加を重視すること―などを求めてきました。基本的に、これらが条例に反映されました。本当によかったです。

都民の声による成果

 でも、これらは、都民の声による大きな成果だということが何より大事だと私は思います。この間、セクシュアルマイノリティの方たちは、運動を大きく発展させ、一部の人の問題でなくみんなの問題なんだ、ということを示してくれました。それが、条例第4条、「都、都民及び事業者は、性自認及び性的指向を理由とする不当な差別的取り扱いをしてはならない」というところに結実しました。だれもが、性自認・性的指向を理由とする不当な差別を受けない、してはならない、ということが明確にされたのです。今回の条例でここがとても大事な点の一つだと思います。

ヘイトスピーチは許さない

 ヘイトスピーチについては、すでに法律があるもとで、本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消をもっと前進させていく、ヘイトスピーチは許さない、という決意が示せたことが大事であると思います。
 存在さえ否定されるような、ひどいことばを浴びせられ続ける。災害が起きればすぐに、ネットで「○○人が井戸に毒を流している」などのようなことを書かれ、拡散される…。こうした状況を放置するわけにはいきません。
 私が、改めて強く思ったのは、小平市の玉川上水の遊歩道のベンチ15カ所に、ヘイト落書きがされるということが先月に起きたことでした。私は、現地にも行き、このことを委員会で質問しました。こういうことがおきたときに、条例に基づき、審査会で検討して公表することもありえます。

都民の自由な活動が守られるようしっかりチェック

 また、公の施設の利用制限については、ヘイトスピーチを許さないということと同時に、それによって、それとかかわらない都民の自由な活動、表現の自由などがしっかり守られるということも重要です。制限の対象はあくまで、ヘイトスピーチ解消法の第2条に規定するものに限られること。地方自治法244条の、「地方公共団体は正当な理由がない限り住民が公の施設を利用することを拒んではならない」との規定を厳格にふまえること。基準については、学識経験者等の意見を聞いてつくることが答弁されています。(修正案では、条例で基準を決める際は審査会の意見を聞くことを義務付けた)。しっかり、チェックしていきます。

いかなる種類の差別も許されない

 きょう(10月5日)、都議会最終本会議の討論のなかで、LGBTとヘイトスピーチだけに特化して、他の問題はいいのか、ということを発言している議員もいました。しかし、この条例は、前文と第1章において、いかなる種類の差別も許されないことを位置づけています。さらに、SOGIを位置づけていることを十分に理解していないのではないか、と感じました。
 また、差別禁止を声高に言う前に理解促進だ、良識ある声はほとんど無視された、との自民党の討論は本当に驚きました。議事録ができてから、改めて確認したいと思います。

共産党の池川友一議員は討論で…
 共産党都議団を代表しての池川友一議員の討論では、総務委員会での自民党の質疑を聞いて、同性愛は日本の家族観や結婚観をこわすかのようなことを言われて、ショックだった、悲しくて涙が出そうだった、などの声が寄せられていることにも触れました。人権条例を議論しているのに、その中身で傷つく人がいるということを見過ごすことはできません。当事者によりそう、当事者を救済する、といいながら、あなたたちは少数者なんだといわれ続けている気持ちになった、との声もあります。…こんな気持ちにさせていいんですか? 悲しい気持ちを伝えてくださった方が、今日の討論を聞いて、「討論の内容、本当にうれしくて、泣いてしまいました」とメッセージをくださいました。

条例を都民の手で育てたい
 この人権条例をきっかけに、だれもが人権を尊重される東京に前進するよう努力していきたいと強く思います。そして、条例自身も、都民の手で育てられるよう引き続き提案していきたいと思っています。

【関連資料】
人権条例(東京都オリンピック憲章にうたわれる人権尊重の理念の実現を目指す条例)
共産党 とくとめ道信議員の代表質問
共産党 池川友一議員の討論
人権条例 共産党都議団の修正案
第3回定例会を終えて 共産党都議団・大山とも子幹事長の談話


最終本会議で討論に立つ池川友一議員(10月5日)
b0190576_00350699.jpg
b0190576_00352192.jpg

賛成多数で可決された人権条例(10月5日)
b0190576_00352719.jpg

人権条例について総務委員会で質問(10月2日)
b0190576_00353766.jpg

(撮影:長島可純 2次加工、SNS以外のご利用はお控えください)

by hara-noriko | 2018-10-06 00:37 | 都議会 | Comments(2)

迷惑防止条例「改正」案の可決に思う   

都議会第1回定例会終わる
 都議会第1回定例会(3月議会)が終わりました。長くて密度の濃い、1カ月でした。一般質問したことも、ずいぶん前のことのように思えます。

迷惑防止条例 重大な改悪
なぜ「改正」が必要かの理由も示されず
 最終本会議は、多数の傍聴者が駆けつける中、迷惑防止条例「改正」案の採決がおこなわれ、賛成多数で可決されました。
 今回の「改正」は、国会前や路上などで政治家の批判をする、労働組合が会社を批判する宣伝をする、ジャーナリストが取材対象の周辺を調べる…などのことを繰り返しおこなった場合、取締りの対象にされる可能性が生じる、重大な改悪です。
 警察・消防委員会の質疑において、「労働運動、市民運動、取材活動は正当な権利行使」だから、「本条例の対象外だ」との答弁はありましたが、そのことは、条例には書かれていません。しかも、なぜこの改正が必要なのか、という理由すら示されていません。

本来なら立ち止まって十分に検討すべき案件
 圧倒的多くの都民が知らないまま、このような重大な改悪をおこなうことは許されないことです。たとえ、賛成の人であっても、ここは立ち止まって、十分検討することが必要な案件だと思います。

8000通を超える「通してはいけない」の声
 この短い期間だけでも、これは通してはいけない、と法律の専門家や都民のみなさんが声をあげ、要請書は8000通を大きく超えて寄せられています。私たち都議会議員は、この声を重く受け止める必要があります。

賛成した会派は
 しかし…各会派の討論のなかで、自民はこの条例改定案には触れず。都民ファーストは、悪意にもとづく行為を規制する、迷惑行為から都民を守るのは都議会の責任、と。公明は、犯罪が多様化するなか、治安強化を求める都民の声に応えるもの、と。民進は、デモ封じに通じるものであれば断固反対だが、都民生活を守るものなので賛成、と。かがやけは、左派系の法律団体などが懸念を指摘しているが、法律のプロが拡大解釈して市民活動が萎縮することのほうが問題、と。(詳細は議会局のホームページから録画をご覧ください)

採決結果
 反対…共産、生活者ネット、維新、
    民進・立憲民主のうち立憲民主の1人
 賛成…都ファ、公明、自民、かがやけ、
    民進・立憲民主のうち民進の4人

今後につながる都民の声
 通ってしまったのは本当に残念ですが、都民のみなさんの声が確実に都議会を動かしていることを実感しました。今後につながると確信します! これからも、都民のみなさんと一緒に、とりくみを強めていきます。

シルパーパスの改善 実現するまでねばり強く
 もうひとつ、急ぎ報告したいのは、シルバーパス改善条例です。20510円のパスの費用負担を軽減し、3000円のパスを発行する、多摩都市モノレールなどに適用拡大をする、などの内容。市長会からも、シルバーパスの負担軽減は要望されており、まさに、立場の違いをこえた共通の願いです。しかし、共産党と生活者ネットのみの賛成で否決されました。
 本当に残念です。しかも、なぜ反対なのかという理由をいわない会派が多数…。引き続き、改善を実現するまでねばりづよくとりくみます。

駅前で都政報告
b0190576_23152499.jpg
夕日に映える桜
b0190576_23153031.jpg
b0190576_23154361.jpg



by hara-noriko | 2018-03-29 23:17 | 都議会 | Comments(0)

生活の現場から生の声を都政に届ける   

 都議会議員になって半年がすぎました。日々新しい体験をしていますが、そのなかでも都民の声を都政・都議会に伝えることの大切さを実感しています。都営住宅の問題を例に、考えていることをお伝えします。

 都営住宅の改善、都営住宅の建設、これがなかなか進まないという問題があります。カビが発生をしているけれども、「カビを除去するのは自己責任」だといわれたり、承継問題でも「子どもに引き継いでもらえない」ということで苦労されています。そして、エレベーターの設置が決まってもなかなか進まない。
 この都営住宅の問題は、私が東久留米市議会議員のときから取り組んできました。でもやっぱり都政の問題なので、都議会議員になったのでようやく直接質問できるようになりました。

 実際に、決算特別委員会で取り上ることができました。シルバーピア(高齢者向けの都営住宅)に住まわれている方の話を質問のなかで紹介しました。ご夫婦が住んでいて、「一人が亡くなられたら一人用の部屋に移ってほしい」といわれていました。そのための誓約書も書かされてるんです。「このことを考えると夜も眠れない」という声もたくさんあって、「こういう状況をどう考えるのか」と話しました。

 そうしたら、担当部長が手をあげて、前に出てきました。そして、「強制はしません」と、2度繰り返しました。事実にもとづいたみなさんの生の声、これが本当に政治を動かすんだ、とこのとき思いました。都政というのは都民の生活からちょっと距離があります。ですから、できるだけ都民のみなさんの声をそのまま、きちんと伝えることが都議会議員の役割なんだなということを私はこのときに学びました。

 できるだけ都民のみなさんと一緒に活動しながら、生の声を都政に届けていく、暮らしをよくしていく取り組みを強めていきたいと思います。これからもいろいろと相談をしたり、「みなさんの声を教えてください」とたくさんお願いをしたりすると思います。ひきつづきよろしくお願いします。


いろいろな場所で都政の報告をしています
b0190576_23385345.jpg
b0190576_23362039.jpg
梅の花がほころび始めました
b0190576_23362618.jpg
b0190576_23363217.jpg



by hara-noriko | 2018-02-13 23:36 | 都政報告 | Comments(0)