タグ:都議選 ( 28 ) タグの人気記事   

都政に挑む 私の決意(3)「都政の壁」を破る   

 東京・東久留米市で開かれた「国政・都政報告会」。私のスピーチの3回目です。改めて自己紹介をしながら、都政に挑む思いを聞いていただきました。

東久留米市議18年の原点
 きょう、初めて、私の話を聞いてくださる方もいらっしゃるかもしれません。少し自己紹介します。
 私は現在、東久留米市で共産党の市議会議員として活動しています。5期18年目です。
 市議会議員として最初に当選したときは、娘たちは5歳、3歳、1歳で、全員保育園児でした。それまでは、共産党の職員として千代田地区委員会で仕事をしていました。子育て世代の人を市議候補にとうことで、たまたま東久留米に住んでいたことから私に話がありました。
 よりよい政治、社会に変えていくための仕事をしたいと思い、共産党の職員になりましたが、議員はとてもタイプではないと思い、お断りしました。半年間、断り続けました。しかし、よりよい政治、社会に変えていきたい、そのためにできることをやっていきたいという私なりの原点に立てば、議員という仕事はそのために欠かせない役割です。自分にできるのかどうか不安もありましたが、挑戦する決意を固めました。

「市民が政治を動かしている」が私の確信
 市議会議員になってみてわかったのは、市議というのはとても地道な仕事であり、自分が前面にでるのはちょっと…と思っていましたが、主役はあくまで住民のみなさん。議員は、みなさんの声をよく聞き、学びながら代弁していく、みなさんの願い実現へ一緒にとりくむ存在だとわかり、だんだんと肩の力はとれていきました。どんな問題でも、市民のみなさんが政治を動かしている。これが18年間の私の確信であり、みなさんととりくんできたことがかけがえのない宝物です。

都政への挑戦を決意したのは…
 そういう思いで仕事をしていて、都政への挑戦を決めるときも、やはり悩みました。それは、市議会議員として市民のみなさんと一緒にとりくんでいる大事な問題がいくつもあり、それをいい加減にできないという思いでした。悩みに悩んでそれでも決意したのは、市民のみなさんの暮らし・福祉・教育を守っていくためにも都政を変えなければならない、みなさんととりくんできたことを大事にするためにも、「都政の壁」を破っていく必要があると考えたからです。

市の公立保育園廃止計画 背景に都の悪政がある
 「都政の壁」はたくさんありますが、きょうは公立保育園の問題を紹介します。いま東久留米では待機児がいっぱいいるのに、市は公立保育園をぜんぶなくそうという計画を立てています。保育行政はすべて民間に丸投げしていく、という方向です。お隣の清瀬市でも、2つの公立保育園が廃止されています。さらにいま、第6保育園というところが廃止対象として名前があがっています。
 東久留米市長、清瀬市長の姿勢が問題だというのはもちろんですが、その背景に国や東京都の政治の悪さがあることを私は指摘したいと思います。

国の悪政にのっかって公立保育園運営費への独自補助を廃止
 公立保育園の運営に対するお金を国は一般財源化してしまいました。「公立保育園のために」といって出していたお金を、何にでも使っていいお金にしてしまい、公立保育園のためのお金を見えなくしてしまったんです。
 東京都は国の方針にのっかって、都が出していた公立保育園に対する独自補助をゼロ円にしてしまいました。東久留米市でいえば6600万円くらいでしたが、廃止されました。
 いまある認可保育園をきちんと維持しながら待機児解消をすすめる。そのためにも都の補助を復活させることがどうしても必要だと思っています。

都議団の代表質問の続きを私にやらせていただきたい
 東久留米市の並木市長が3月議会で施政方針演説をしました。そのなかで、都が独自補助をなくしたことを公立保育園廃止の1つの大きな理由にしました。しかし、独自補助の復活を都に求めることはしません、と答弁しています。この姿勢は問題ですね。
 私は東京都とも何回か、直接交渉してきました。そして2月の都議会で、「公立保育園の運営費の独自補助の復活を」と共産党都議団が代表質問で取り上げてくれました。残念ながら知事の答弁がないので、この続きを都政の場で私にやらせていただきたいと思っています。
 こうした「都政の壁」を突破して、市民のみなさんの暮らし・福祉・教育を守っていく。全力をあげます。


市民のみなさんといっしょに政治を変えたい
b0190576_21510978.jpg
たくさんの方に参加していただきました
舞台右は宮本徹衆院議員

b0190576_22375555.jpg


homepage   twitter   facebook




by hara-noriko | 2017-04-11 21:53 | 東京都政 | Comments(0)

都政に挑む 私の決意(2)時代を後戻りさせない   

 東京・東久留米市で開かれた「国政・都政報告会」。私のスピーチの2回目です。いま教育勅語が政治の大問題になっています。私も黙っていられませんでした。「もうひとつの森友問題」として訴えさせていただきました。

どうしても訴えたいこと
 私は、今、どうしても訴えずにはいられないことがあります。それは、教育勅語の問題です。
 4月5日は小学校の入学式でした。私は小山小学校の入学式に参加しました。緊張しつつも誇らしい顔、はにかんだ顔、本当にかわいい1年生たちです。元気に楽しく学校生活を送ってほしい。そのために応援していきたいと思います。

「もうひとつの森友問題」
 その1年生の姿をみながら、私は「もうひとつの森友問題」を考えずにはいられませんでした。「森友問題」は、国有地を8億円も安く払い下げ、政治家や行政、安倍首相夫人などの関与まで問題になっている徹底究明が必要な大問題ですが、同時に、教育のあり方を問う大問題でもあります。教育勅語を暗唱させ、安倍首相がんばれなどと連呼させる教育を行ってきた森友学園。その様子に、多くの人が驚きました。私もテレビを観るたびに胸が苦しくなる思いでした。

教育勅語は憲法・教育基本法に反する
 しかし、教育勅語を憲法や教育基本法に反しない限り教材として使うことは問題ない、とする安倍政権。稲田防衛大臣にいたっては、教育勅語は親孝行の大事さなどをうたい、日本が道義国家をめざすうえでその精神を取り戻す必要があると発言しました。安倍首相も、当初、素晴らしい教育をしていると森友学園をもちあげていました。
 教育勅語の核心は、いざとなったら国家のために身を捧げよ、ということです。こういう教育のもとで、多くの若者が戦争で命を落としました。これを二度と繰り返してはいけない、との反省から教育勅語は憲法や教育基本法に反するという理由で、1948年に国会でも排除が決議されたのです。時代を後戻りさせることは絶対に認められません。

希望の流れを太く大きくするために
 入学した1年生をはじめ、すべての子どもたちが平和な社会で成長していけるように、力を尽くしたい。安倍政権を終わらせるために、多くの人と力を合わせたいと強く思います。
 「共謀罪」法案もついに審議入りしましたが、市民連合と野党4党がこれを廃案にすることをはじめ、大事な一致点を確認しています。ここに希望があります。私は、この流れを実らせるためにも都議選はますます重要になっていると実感します。安倍政権を終わらせる。都民本位の改革を本格的にすすめる。そのために、ぶれずに共同をすすめる日本共産党を大きく伸ばしてください。この地域では、私、原のり子にお力添えいただけますよう、みなさん、どうぞよろしくお願いいたします。

すべての子どもたちが平和な社会で成長していけるように
b0190576_23145807.jpg
宮本徹衆院議員と一緒に訴えました
b0190576_23150284.jpg


homepage   twitter   facebook





by hara-noriko | 2017-04-10 23:17 | 東京都政 | Comments(0)

都政に挑む 私の決意(1)都政の闇にきりこむ   

 4月8日、東京・東久留米市で日本共産党の「国政・都政報告会」が開かれました。足もとが悪い中、250人もの方が参加してくださいました。ありがとうございました! 保育、障害福祉の分野からのスピーチをいただきました。まさにみなさんの運動が政治を動かしている、と実感した報告会でした。永田まさ子市議の心のこもった決意もうれしかったです。宮本徹衆院議員の話、面白くてわかりやすい! 政治が身近になります。私は、都政に挑む決意をのべました。主な内容を5回に分けて紹介します。ぜひお読みください。

暮らし・福祉・教育を取り戻す
 ご紹介いただきました、北多摩4区都議予定候補の原のり子です。6月23日告示、7月2日投票で行われる都議選に、この東久留米・清瀬地域から挑戦します。都議選まで3カ月を切り、もう目の前です。
 前回の都議選で日本共産党は、17議席へと議席を倍増させていただきました。それを力に、築地市場の豊洲移転問題で、共産党が豊洲の地下に巨大な空間がある、盛り土がされるべきところにされていない、という問題を突き止め、それを契機に状況が一変しました。小池知事も立ち止まって検討し、都議会でもようやく共産党が提案してきた百条委員会が設置され、今追及しているまっただなかです。
 都議会議員の報酬削減など、都議会自体の改革も前進しはじめました。ようやく、まともな議論や検討ができるようになってきました。いよいよ都政の闇にきりこみ、石原都政以来きりくずされてきた、くらし・福祉・教育を取り戻していく絶好のチャンスです。
2人区で勝ち抜きたい
 この地域では、1997年に前沢のぶひろさんが議席を獲得し、そのときの共産党の議席は27議席で、子どもの医療費無料化が大きく前進しました。私はそのとき以来の議席獲得へ全力を尽くし、2人区のこの地域から、必ず風穴をあける、必ず勝ち抜く決意です。みなさんのご支援を心からお願い申し上げます。(つづく)

宮本徹衆院議員(左)と一緒に訴えました
b0190576_20522341.jpg
みなさんからたくさんの声援や激励をいただきました
b0190576_20522827.jpg



homepage   twitter   facebook




by hara-noriko | 2017-04-09 20:55 | 東京都政 | Comments(0)

清瀬の佐々木あつ子市議が私を紹介してくださいました   

清瀬市の「新春 講演のつどい」で
 2月26日、東京・清瀬市で日本共産党の「新春 講演のつどい」が開かれました。宮本徹衆院議員と一緒に私もスピーチさせていただきました。清瀬市議の佐々木あつ子さんは、清瀬市政の新しい動き、都政や国政の問題を語りながら、北多摩4区(清瀬市・東久留米市、定数2)から都議選に挑戦する私を市民のみなさんに紹介してくださいました。その部分を掲載します。

石原都政 築地市場の豊洲移転を決めた年に清瀬小児病院廃止を提案
 都政の闇を象徴する築地市場の豊洲移転は、都民の世論と日本共産党都議団の論戦で問題点が明るみに出てきました。2月18日に行われた築地市場前での集会に私も参加しました。なるほどなと思ったことがありました。リレートークで共産党の曽根はじめ都議がいっていましたが、石原さん(元知事)という人は、暴言を吐くときは必ず悪いことを計画している人だった。この築地も、見に来て「汚い、古い」とこき下ろし、出してきたのが豊洲への移転計画だった、と。
豊洲には税金をつぎ込み小児病院はなくす―そんな政治でいいのか
 石原さんは、障害者施設にいって、「この人たちには人格はあるのかね」「何が贅沢かといったら福祉」といってはばからない。石原さんのもとで出てきたのが、都立病院を半分にする計画でした。石原さんは2001年に豊洲移転を決めたその12月に、都立清瀬小児病院廃止の「都立病院改革マスタープラン」を提案しているんです。豊洲には巨額の税金をつぎ込んで、一方では子どもの命をまもる小児病院はなくす。本当に許せない事実です。
「原さんはいつも私たちの声を聞いてくれる」
 そしてこのときから、「小児病院をなくさないで」と運動の先頭に立ってきたのが原のり子さんなんです。原さんは、おかあさんがたの声を拾い、駅頭での署名にも、都庁前の座り込みにも身を投じて頑張ってきました。子育て中だったおかあさんはそのことを決して忘れていません。「原さんはいつも私たちの声を聞いてくれる」と。
北多摩4区から共産党の議席を
 曽根はじめさんが宣伝カーで最後にいった言葉が印象に残っています。「僕は18年間豊洲の問題をやってきて本当によかった」と声を震わせていました。私は、原のり子さんに必ず都議会にいってもらい、曽根さんと同じことを言ってもらいたいと思っています。
 定数2の北多摩4区は16年間、共産党の議席がありません。自民党などに独占され続けています。この選挙区が変わらなければ、政治は変わりません。私たち共産党清瀬市議団も勝ち抜くためがんばりぬきます。

私を紹介してくださった清瀬市議の佐々木あつ子さん
b0190576_23120196.jpg
宮本徹衆院議員と一緒に熱い声援をいただきました
b0190576_23120772.jpg
「つどい」にはたくさんの方に来ていただきました
b0190576_23121182.jpg
「つどい」を終えて清瀬市議団のみなさんと街頭宣伝に
b0190576_23121635.jpg

homepage   twitter   facebook

詳しい自己紹介がホームページにあります。ぜひご一読を!



by hara-noriko | 2017-02-27 23:19 | 活動日誌 | Comments(0)

共産党と一緒に都政を変えましょう   

築地移転 都議会の責任は重大
 築地市場の豊洲移転を抜本的に見直す機運が高まっています。移転中止を求める市民団体の署名運動も始まりました。都議会では移転問題を審議する特別委員会が石原元知事らを参考人として招致することを決めています。日本共産党が提案する百条委員会の設置も焦点になっています。強力な権限をもった百条委員会でさまざまな疑問や疑惑を解明できるかどうか。都議会の責任は重大です。最近の新しい変化は、このブログで紹介してきました。下にリンクをはりましたので、ぜひお読みいただければと思います。

いよいよ大事になってきた都議会議員選挙
 石原・猪瀬・舛添の3代の知事によってすすめられてきた移転計画を抜本的に見直すために、いよいよ大事になってきたのが都議会議員選挙(6月23日告示、7月2日投票)です。小池知事は、移転問題の最終判断を都議選後におこなう、といっています。都議選の結果によって判断の内容が大きく変わってくるのではないでしょうか。
 都民の健康、食の安全、築地ブランドをしっかり守る。この立場で15年間取り組んできた日本共産党が伸びてこそ、移転にかかわる闇を解明し、移転計画を抜本的に見直すことがでると思います。都民の立場で筋を通す党、共同をすすめる党、日本共産党が前進することがもっとも確実な力になると確信しています。私も全力を尽くします。
大型開発優先の政治を切り換えたい
 豊洲の問題は都政の闇の象徴です。この問題が解決されたからといって都政全体が刷新されるかといえば、そうではないと私は考えています。都政を刷新するには、大型開発優先の政治を切り換える必要があります。小池知事の来年度予算案は、大型開発優先の政治を切り換えるものにはなっていません。都政を刷新するためには、石原元知事らを与党として支えてきた自民・公明が多数を占める都議会の力関係を変えていくことがどうしても必要です。日本共産党の前進でそれを果たしたいと全力をあげているところです。
改善したいシルバーパスや子ども医療費無料化
 東京都はスウェーデン並みの財政力をもっています。お金の使い方を切り換えればもっと都民のみなさんのための施策に予算を使うことができます。
 完全有料化されて2万510円を支払わなければならないシルバーパスの改善もできます。共産党都議団は、3月の都議会にシルバーパス改善の条例提案をすることを公表しています。多摩格差の象徴である子ども医療費無料化も、23区並みに小学校・中学校の子どもたちまで無料化を広げていくことも可能になります。
 いい施策は前進させ、問題があるものはきちんと改善させる。この立場で取り組みをすすめているのが日本共産党です。ご一緒に都政を変えていきましょう。

【関連記事】
築地移転 百条委員会の設置が焦点に
築地移転(上)〝このまま豊洲に〟はありえない
築地移転(下)都議会に百条委員会設置を


村山順次郎・東久留米市議といっしょに団地で訴え
b0190576_22544626.jpg
各地で励ましをいただいています
b0190576_22545398.jpg
日差しは春です
b0190576_22552595.jpg


homepage   twitter   facebook




by hara-noriko | 2017-02-13 22:57 | 東京都政 | Comments(0)

日本共産党大会 胸に沁みた発言の数々   

 日本共産党第27回大会に代議員として初参加。3日間の討論で65人が発言しました。全国各地からの発言は、どれも考えさせられ、胸を打たれるものでした。

★沖縄の比嘉(ひが)みずき県議の発言
 沖縄県民は選挙で連続して民意を示しているのに、安倍政権の強行は止まらない。異常なまでの強権政治は、沖縄県民の分断と諦めさせることが目的。県民の団結を瞳のように大事にしながら、翁長雄志(おなが・たけし)知事を支える決意。自治はかちとっていくもの。「沖縄の未来は裁判所や安倍政権が決めるのではない。自分たちできりひらくもの」
 言葉一つひとつに真実と決意が込められていて、圧倒されました。「オール沖縄」のとりくみは「沖縄のこころ」そのものなんだ。名護市長の稲嶺(いなみね)進さんがっていた、「私たちは負けない方法を知っている。それは諦めないこと」との言葉を思い起こしました。沖縄出身の参院議員、糸数慶子さん(参院会派「沖縄の風」代表)が来賓あいさつで、沖縄は「元祖 野党共闘」といわれていましたが、本当にそうですね。連帯してがんばりたい!

★長野の毛利栄子県議の発言
 一昨年の選挙で、4年ぶりに2人区で返り咲いた。党県議団も過去最高の8議席となった。そこへ、衆院長野4区の予定候補にと話があり、正直びっくりした。みんながどう受け止めるのか悩んだ。でも、今、安倍政権が我慢ならない暴走を続けており、日本が今ほど歴史的岐路に立たされているときはないと思った。平和な社会を残していきたい。その大義のために身を投じ、今を生きる者の責任を果たしたい、と決意した。
 すごい。私も、今の情勢のなかで、自分にできることを精一杯やろう。決意を新たにしました。

★若い人たちの発言
 若い人たちの発言が次々とあったことも大きな特徴でした。また、若い人たちに寄り添って活動する大人の人たちの発言もすばらしかった。秋田県能代市の菊池時子市議の、「すべての若者が生きづらさから抜け出し、将来の展望を見出せるように一緒に歩きたい」との言葉は胸に沁みました。

東京都議選の重要性が確認されて
 書き出すときりがないぐらいです。討論の後におこなわれた志位和夫委員長の結語では、改めて東京都議選の重要性が確認されました。学んだことを力に頑張りたいと思います。共同をすすめる日本共産党を伸ばしていただくことが、市民と野党の本気の共闘で政治を変える力になる…このことを多くの方に実感してもらえるように、力を尽くします!

大会会場で山添拓参院議員と
b0190576_22580187.jpg
宮本徹衆院議員(中央)を囲んで
b0190576_22580563.jpg

homepage   twitter   facebook




by hara-noriko | 2017-01-27 23:02 | 活動日誌 | Comments(0)

東京・清瀬市で新春の訴え   

宮本徹衆院議員、党清瀬市議団のみなさんと一緒に
 1月3日の午後、宮本徹衆院議員、党清瀬市議団(佐々木あつ子さん、原田ひろみさん、深沢まさ子さん、山崎美和さん)のみなさんといっしょに、清瀬市内の商店街や団地をまわり、新春の訴えをさせていただきました。台田団地では、寒い中わざわざたくさんの方が外に出てきてくださいました。商店街でも声をかけていただきました。握手、温かい励まし、ありがとうございます。私の訴えを紹介します。

市民と野党が本気で共同すれば必ず政治は変わります
 あけましておめでとうございます。ことし1年、本当にいい年にしたいと思っています。そのためには政治を変えなければならない、と改めて決意しています。
 6月に行われる東京都議会議員選挙は、日本の政治をよくしていくためにとても重要な選挙になると思っています。前回の都議選で日本共産党は8人から17人へと増やしていただきました。それを力に築地市場の豊洲移転問題などさまざまな都政の闇を明らかにして、みなさんと一緒に改革をすすめていく立場で取り組みを強めることができました。
 この都議選がきっかけとなり、その後の参院議員選挙(昨年7月)では市民と野党の共同が実現して、全国で11人の野党統一候補が当選しました。新潟の県知事選挙(昨年10月)でも、市民と野党の共同が広がって新しい知事を誕生させることができました。
 市民のみなさんと野党が本気で共同していけば必ず政治を変えることができる。そういう前進がいま、たしかに進みはじめています。
 2017年は、この共同を広げ、政治を本格的に変えていく年だと実感しています。ぜひみなさん、力を合わせて政治を変えていきましょう。心から呼びかけます。
「安心して暮らし続けたい」―寄せられた切実な願いを実現したい
 私は都議予定候補に決まって以来、清瀬市や東久留米市で市民のみなさんの声をたくさんうかがってきました。切実な声がたくさんあります。それを一言でいえば、「安心して暮らし続けたい」という願いだと思っています。
 この地域では、都立清瀬小児病院が石原都政によって廃止されました。築地市場の豊洲移転を強行的にすすめてきたのも石原都政です。一方で、「何が贅沢化かといえば、まず福祉」といって福祉を切り縮めてきました。
 高齢の方たちから、「シルバーパスが全面有料化されてしまい、安心して生活することができない」という声をたくさんうかがいました。若い世代のお父さん・お母さんたちからも、「子どもが小学校に入ると、23区と違って医療費が有料になってしまう。歯医者さんに通い続けるのも実はたいへんだ」という声も寄せられています。三多摩格差が歴然としてあります。
 こんどの都議選で共産党の議席をさらに増やしていただいて、市民のみなさんの声を都政にまっすぐに届けたい。多摩地域の共産党都議は2人だけです。多摩地域からもたくさんの都議を誕生させていただいただいて、東京のどこに住んでいても安心して住み続けられる政治をつくっていきましょう。

宮本徹衆院議員(中央)、清瀬市議団のみなさんと
(左から)深沢まさ子市議、佐々木あつ子市議
(右から)山崎美和市議、原田ひろみ市議
b0190576_21371183.jpg

励ましもいただきました
b0190576_21371680.jpg

声援に応えて
b0190576_21371935.jpg

homepage   twitter   facebook







by hara-noriko | 2017-01-03 21:34 | 東京都政 | Comments(0)

来年の都議選に挑戦します   

 ご報告です。私は、来年夏の都議選に、北多摩4区(清瀬市・東久留米市)から出馬する予定となりました。8月25日には、東久留米市内で記者会見を行いました。緊張しつつも、改めて、市議会議員として17年間活動してきたなかで、市民の方々から学んだことをふりかえる大事な機会になりました。市議会議員としての仕事に引き続きとりくみながら、来年夏をめざします。
 決意するには、やはりいろいろと悩みました。でも、参院選・都知事選と市民と野党の共同が広がり、一致点で力をあわせることで、政治を前にすすめることができる希望ある動きが生まれています。このときに、市民のみなさんの声を都政にしっかり届け、その願い実現に力を尽くしたい…私にできることを精一杯やっていきたい、と心を決めました。平和・福祉・教育・くらし…各分野での市民のみなさんのねばりづよい運動が実るように、取り組んでいきたいと思います。記者会見での決意表明を添えます。

記者会見での決意表明
 このたび、来年夏の都議会議員選挙において、北多摩4区から立候補を予定することになりました。私は、現在、東久留米の市議会議員として活動しています。5期目になります。共産党市議団のなかでは、市議団長として。また、議会での役割としては、副議長を務めています。
 私が今回都政にチャレンジする決意を固めたのは、17年間の市議会議員としての活動を通して考えてきたことがとても大きいです。
 都立清瀬小児病院廃止に反対し小児医療を守るとりくみや、公立保育園存続のとりくみをはじめ、長い期間、市民のみなさんのねばりづよいとりくみに一緒に参加してきました。
 そのなかで、市民の暮らし・福祉・教育を守るためには、国政・都政を変えていくこと、とりわけ、都政の役割の大事さを実感するようになりました。国の悪い政治がすすめられようとするときには防波堤となり、また、市区町村に格差が生じないように支援する。…そういう姿勢が都政には求められます。私は、市民のみなさんの切実な願いを都政にまっすぐ届け、実現していくため力を尽くしたいと考えています。
 今、政治の流れが大きく変化してきています。参院選、都知事選と、市民と野党の共同が前進しています。一致する大事な問題で力をあわせれば、必ず政治を前にすすめることはできます。とくに、2017年からのオスプレイ配備撤回、非核都市宣言をはじめ、政治の土台である、いのちと平和を守るとりくみは、多くの人と力をあわせたいです。憲法を守り生かす都政に向け、精一杯とりくみます。

プロフィール
1965年 東京生まれ。神奈川県川崎市で育つ
1988年 法政大学社会学部卒業
     ピアノ講師、水泳指導員をしながら保育専門学校で学ぶ
1990年 日本共産党千代田地区委員会の職員に
1999年 東久留米市議会議員に初当選
☆現在、東久留米市議5期目。市議会副議長。党市議団長
☆好きなこと、好きなものは、ピアノ・水泳・紅茶・絵本
☆家族は、夫と3人の子ども

記者会見で決意をのべました
b0190576_00540668.jpg


by hara-noriko | 2016-08-27 00:46 | 選挙 | Comments(2)