タグ:野党共闘 ( 7 ) タグの人気記事   

平和と憲法を子どもたちにつなげたい   

 5月3日は憲法記念日。日本共産党清瀬市議団のみなさんといっしょに、清瀬市内で憲法記念日宣伝をしました。ぽかぽか陽気。とても声援が多く、嬉しい宣伝でした。清瀬駅北口ロータリーでも、ずっと聞いてくださった方々がいらして、終わったあと握手しましした。私のスピーチ(要旨)を紹介します。

だれのこどももころさせない
 5月1日のメーデーに参加して、その帰りに1冊の絵本を買いました。「安保関連法に反対するママの会」がつくった絵本です。題名に『だれのこどももころさせない』とありました。これは憲法9条の精神そのものです。9条があったからこそ、これまで日本は一度も、戦争で誰かを殺したり・殺されたりということはありませんでした。
 この平和を子どもたちにしっかり受け継いでもらうために、大人の責任を果たしていきたいと思います。

「共謀罪」はなんとしても廃案に

 いま「共謀罪」(テロ等準備罪)法案の審議が国会でおこなわれています。やり方も・進め方も・その内容も、本当に問題です。
 2人・3人と集まって話し合いをしていると、あたかも悪いことを企んでいるかのように決めつけて罰することができるというのです。政府がラインやメール、電話を監視することが可能になります。「一般の人は関係ない」と政府はいっていましたが、審議がすすむなかで、一般の人が監視の対象になることが明らかになりました。これはまさに、「現代版治安維持法」ともいうべき内容です。みなさんの心の中に入っていく、内心の自由を侵していく、そういう法案です。
 これには絶対にストップをかけなければなりません。

ここに希望がある
 国会の中では、野党4党が共同して、共謀罪を廃案にしよう、安倍政権のもとでの憲法改悪は許さない、という点で合意をし、来る衆院選挙では力を合わせて押し返そう、安倍政権を倒そう、と約束しました。市民連合のみなさんと一緒に共同で記者会見もしました。ここにこそ、希望の光があるのではないでしょうか。
 【4野党の考え方】
☆「共謀罪」法案の廃案、森友学園問題の徹底追及
☆安保法制廃止、集団的自衛権行使容認の閣議決定撤回、憲法改悪阻止
☆「原発ゼロ」、再生可能エネルギーの飛躍的増強
☆就学前教育から大学まで原則無償化、子育て・教育への投資の劇的拡大
☆残業代ゼロ法案の阻止、長時間労働規制法の早期成立、最低賃金の大幅引き上げ
☆国民皆保険制度を維持し、年金の最低保障機能を強化する

大きな意味持つ東京都議選
 この流れを強めていくためにも、こんどの都議会議員選挙はとても重要だと訴えたいと思います。もっとも間近にある選挙が、首都・東京で行われる都議選です。この選挙で「9条守ろう」「憲法守ろう」「平和をしっかり守ろう」「横田基地にオスプレイの配備はさせない」と訴えている人たちが増えることが大事ではないでしょうか。日本共産党は、その先頭に立ってがんばります。ぜひ、日本共産党を大きくしてください。

思想・信条の違いを超えて政治を変える
 4月17日に行われた日本共産党の演説会に元公明党副委員長の二見伸明さんがいらして、「共産党がんばれ!」と演説をしてくださいました。おだやかでまともな保守の人たちは戦争をしてはいけないと思っている。憲法9条・平和を守ると考えている。ところが安倍首相はそうではない。あの人は本当の保守ではないんだ。そういう話をしてくださいました。
 保守層の方々を含めて、「戦争だけは絶対にやってはいけない」と思っている人たちが思想・信条の違いを超えて手をつなぎ、政治を変えていく。そのために私も全力を尽くしたいと思います。


たくさん声援をいただきながら訴えました(清瀬駅北口)
(左から)佐々木市議、山崎市議、私、原田市議
b0190576_20252474.jpg







homepage  twitter  facebook  YouTube





by hara-noriko | 2017-05-03 20:28 | 活動日誌 | Comments(0)

日本共産党大会 新しい友人に感動   

 前回に続いて、日本共産党第27回大会の報告です。
 大会では、さまざまな団体から来賓あいさつがありました。全国革新懇(平和・民主・革新の日本をめざす全国の会)、新日本婦人の会など「古くからの友人」とともに、「新しい友人」のあいさつがありました。これも今大会の大きな特徴です。どの団体の方もすばらしいあいさつでした。「古くから」の方々のねばりづよいとりくみと、「新しい」方のとりくみが重なり合って。
総がかり行動実行委員会共同代表の福山真劫さん
 総がかり行動実行委員会共同代表の福山真劫さんは、冒頭、「ごあいさつさせていただくことに少しちゅうちょがあった」「さまざまなことが胸によみがえり、緊張しています」と、率直にきりだされました。それでもここに来たのは、「皆様方と一緒に大きな未来をつくるため」と。そして、共通の目標は安倍自公政権を倒すことだと。葛藤をのりこえ、大義のために力をあわせようとハードルを超える、その勇気と決断に学ばされます。
首都圏反原発連合のミサオ・レッドウルフさん
 首都圏反原発連合のミサオ・レッドウルフさんは、反原発の市民運動は2013年からの共同行動を通じて、「市民はとっくに超党派の運動ができていました。正直政治が遅いとずっと思っていました」と。そして、「いよいよ野党共闘という局面を共産党もクリアにしてくれた」と。「今年もみなさんと一緒に路上で声をあげていきます」。…やっぱり、市民が政治を動かす、と実感です。
市民連合の中野晃一さん

 そして、市民連合(安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合)の中野晃一さん(上智大学教授)。正しいと思うことを伝えるときほど、リスペクトの視点が必要、政治に怒っていても怒っているだけの人たちには人は寄ってこない、ユーモアも必要など、とても大事なことをやさしく伝えてくださった。さらに、志位委員長の結語で、中野さんの大会に出ての感想が紹介されました。「メモをとって真剣に聞く姿に、こういう一人ひとりの『人』が共産党を支えているんだなと思った。ぜひ自分自身もリスペクトしてください」と。…こんな風にいってくださるなんて、本当にすごい方だな、「中野さんにこそリスペクト!」と感激しました。また、こういう会話を志位さんとの間で交わされていることがすばらしいと思いました。
先輩党員の方々に心からの敬意を表します
 同時に、すぐ思い浮かんだのは党の95年の歴史のなかで、どんなときも地道に歩んできた先輩の党員の方々のことです。「自分の目の黒いうちに」ということでなく、社会進歩のためにコツコツと努力してきた人たちがいてこそ、今の変化があります。心からの敬意を表したいです。

(左から)来賓の福山さん、ミサオさん、中野さん
b0190576_02110400.jpg
池内さおり衆院議員と
b0190576_02111126.jpg

吉良よし子参院議員と
b0190576_02111528.jpg

homepage   twitter   facebook




by hara-noriko | 2017-01-27 02:15 | 活動日誌 | Comments(0)

日本共産党大会に参加して   

 久し振りのブログになってしまいました。すみません!
 私は、1月15日~18日におこなわれた日本共産党第27回大会に代議員として参加しました。初参加です。大会期間中に感じたことをブログで、と思っていましたが、毎日考えることがたくさんあり、また、全国のすばらしい発言に心を揺さぶられ…。ツイートするのが精いっぱいでした。
みんなで練り上げた党の方針
 全国から825人の代議員が集まり、評議員とあわせると約1000人。全国各地の支部を基礎に、ずっと議論・実践してきたことをふまえ、最終的に方針を練り上げます。その場面に自分が参加する…。さすがに緊張しました。最終日に、採決を行いましたが、全会一致となりました。自由闊達な討論があったうえでの納得いく結果です。民主的に行われている日本共産党の大会。多くの人に伝えたいと思いました。
野党3党1会派から来賓あいさつ
 なんといっても、初日に、野党3党・1会派を代表する方々がそろい、来賓あいさつをしてくださったことは歴史的な場面となりました。民進党代表代行の安住淳さん、自由党代表の小沢一郎さん、社民党党首の吉田忠智さん、参院・沖縄の風代表の糸数慶子さんの4人の方々です。
政治を変える決意に満ちて
 それぞれのお話が、通り一遍なものではなく、とても心のこもったものであり、なおかつ政治を変える決意に満ちたもので、とても感動しました。
 私は、自由党の小沢さんが「自由党の自由は、新自由主義の自由ではない、国民の生活が第一の政治、自由で公正、開かれた社会をめざす」と述べたことがとても印象に残りました。民進党の安住さんがいわれた、「多くの国民は、強者の論理をふりかざす安倍政権に代わり、弱い立場の人に寄り添い共に助け合う、もうひとつの政治勢力を強く望んでいるのではないか」ということとも重なり合って。
違いを認め合いお互いを尊重する
 違いを認め合いお互いを尊重しながら、一致点を大事に共闘していく、その基礎となる理念が4人の方それぞれから語られたことが本当に素晴らしいと思いました。そこが共有できることで、市民と野党の本気の共闘は必ず前進する、安倍政権に代わる政権をつくりだせる、と強く思いました。
 大会初日の冒頭から、4人の方と一緒に団結ガンバローを唱和するという思ってもいなかった状況に! 今大会は、本当に歴史的だ、と実感しました。
沖縄・岩手・新潟の県知事からメッセージ
 今回の大会には、知事からのメッセージは、沖縄県の翁長雄志知事、岩手県の達増拓也知事、新潟県の米山隆一知事から寄せられました。地方自治の守り手としての決意に胸を打たれます。
本気の共闘を実感
 新潟県の米山知事は、日本共産党が自主独立の党として国民の苦難を軽減する国民本位の活動をしている、と述べてくださり、さらに、「現在国民は、今までの政治の中でややもすると取り残されてきた一人ひとりの想いを丁寧に受け止める政治を何よりも求めているのであり、これを受け止める御党の一層のご活躍を心よりご期待申し上げます」と。こういうことばを送ってくださる知事の度量、考えの深さに感銘を受けるとともに、新潟では本気の共闘が行われてきたんだ、ということを実感しました。
 のちに、討論の場面で、新潟県委員会の方の発言もあり、とても学ばされました。
 日本共産党第27回大会の内容は、こちらからご覧いただけます。

東京都議選 6月23日告示 7月2日投票
 きょう(1月25日)、東京都選挙管理委員会は、都議会議員選挙の日程を決め、発表しました。6月23日(金)告示、7月2日(日)投開票です。いよいよです!
 これまでの都政は、都民の声と願いをあまりにも切り捨ててきました。
 豊洲移転先にありきで計画が強行されてきた築地市場移転問題は、その典型です。「豊洲は本当に安全なのか?」という都民の疑問に真摯に向き合っていれば、いまのような事態にはならなかったはずです。
 大型開発が優先され、福祉やくらし、教育が置き去りにされてきました。
 この都政に北多摩4区(清瀬市・東久留米市)から風穴を開ける。都民の願いをはねつけてきた都政の壁を打ち破り、都民の声が通る都政にする。全力をあげます。

党大会初日、野党3党・1会派の来賓と一緒に「団結がんばろう」
b0190576_22103232.jpg

党大会会場で田村智子副委員長(中央)、原田ひろみ清瀬市議(右)と
b0190576_22104177.jpg
homepage   twitter   facebook




by hara-noriko | 2017-01-25 22:14 | 活動日誌 | Comments(0)

力が湧いた 市民連合の新春街頭大宣伝   

 1月7日、市民連合主催の新宿駅西口における新春街頭大宣伝に参加しました。東久留米市消防団の出初式が終わって駆け付けたときには、駅前はびっしりでした。
 社民党の福島瑞穂副党首、自由党の青木愛副代表、日本共産党の志位和夫委員長、民進党の安住淳代表代行。4人のスピーチがつながりあっていることがとても印象的でした。何より嬉しく思ったのは、市民への敬意が語られたことです。4人の最後に話した安住さんは、この場に立たせてもらったことに感謝します、と冒頭に述べ、「参院選で野党共闘の接着剤になってくださったのが市民のみなさんです。ありがとうございます」と。そして、衆院選1人区で野党連携できるようにしていく決意を述べられました。参院選での経験は、本当に大きいと実感しました。
 私は、今回のスピーチで、志位さんが、多様性を大事にして一致点で団結し、安倍政権を打ち破ろうとよびかけたことは本当に重要だと思いました。違いがあるのは当たり前。違いがあるから、それぞれの政党がある。違いを認め合い、尊重しあいながら、重要な問題で力を合わせる。この志位さんの話しと重なり合うように、安住さんが、一強の政治は国をダメにする、対抗する勢力をみんなでつくって、日本には多様性を認めるもう一つの政治勢力があることを証明したい、と。
 とても力が湧いてくる新春街頭大宣伝でした! 帰りに、清瀬から来られていた方々と偶然お会いし、握手。いよいよだ、がんばろう、と思いを新たにしました。

市民連合については、こちらから
新春街頭大宣伝の「しんぶん赤旗」報道は、こちらから
志位和夫委員長のスピーチは、こちらから

声援にこたえる野党4党の代表と市民連合の人たち
b0190576_01084392.jpg

homepage   twitter   facebook



by hara-noriko | 2017-01-09 01:11 | 活動日誌 | Comments(0)

今年は本当に政治を変えましょう   

 東京・清瀬市での新春街頭宣伝(1月3日)を皮切りに、東久留米市内や両市にある駅前で、スピーチを続けています。そのなかで力を入れているのが、「今年は本当に政治を変えましょう」という訴えです。

安倍首相に同行した防衛相 真珠湾から帰国したら靖国神社に参拝
 みなさん、ことし2017年、政治を本当に変えていく、そうした1年にしていきましょう。
 安倍暴走政治が止まらない、本当に心配だ、という声が高まっています。安倍首相は年末にアメリカのパールハーバー(真珠湾)に行きました。同行した稲田防衛大臣は帰国してすぐに靖国神社に参拝しました。靖国神社は、アジア・太平洋戦争を正しかったとする勢力の本拠地です。この様子を見て、過去の戦争を反省したくない、反省しない、そういう政権なんだということがいっそう明らかになったと感じました。今の安倍政権の危険な本質がここにはっきり表れたと思います。
安倍政権の支持率は高いというけれど
 そうはいっても安倍政権の支持率は高いということがいわれます。でもみなさん、どうでしょうか。安倍政権がやっている一つひとつの政策については反対の声の方が圧倒的に多いんです。原発再稼働にしても、TPP協定・関連法にしても、年金のカット法にしても、カジノ推進法にしても、南スーダンPKOに派遣した自衛隊に「駆け付け警護」の新任務を付与したことにしても、沖縄への米軍基地押し付けにしても、多くの国民のみなさんが「反対」の声をあげています。
市民と野党の共同を広げ 国民が希望をもてる政権をつくる
 一つひとつの政策はよくないけれども、安倍政権に代わる政権がまだ国民のみなさんが想像できない、それが今の現実なのではないかと思います。私たち日本共産党は、党の綱領ではっきりと位置づけている通り、共同で政権を取っていこうという構想をもっている政党です。今、安倍暴走政治にストップをかけていかなければならない局面で、市民と野党が共同していくこと、そして、国民が希望をもてるような政権をつくっていくことが本当に必要だと思っています。
 来たる衆院議員選挙に向けて、野党の話し合いが急速に強められています。原発の問題、安保法制の問題も含めて、政策をきっちりと大きなところで一致させながら、市民と力を合わせて新しい政権をつくっていく。そういう構想をもとうと党として提起、総選挙を協力してたたかうことが確認されました。
 1月7日、市民連合(安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合)が主催して、野党4党の代表が東京・新宿新宿前で大街頭演説を行いました。こうした行動一つひとつを成功をさせながら、野党の共同で政権を取っていく、市民と一緒に希望のもてる政権を取っていく。これをぜひとも進めていきたいと思います。そのためにも、共同の要、日本共産党を衆院選で大きく前進させてください。
都議会の力関係を変えて、都民の声が届く都政に
 共同の流れを太く大きくしていくためにも、6月に行われる東京都議会議員選挙が非常に重要になっています。今度の都議選で、私はこの清瀬市・東久留米市の地域=北多摩4区から立候補を予定しています。日本共産党の前進で都議会の力関係を変え、みなさんの声をまっすぐに届く都政にしていく。そして、安倍暴走政治にストップをかけていく。そうした流れを強めるために全力を尽くしたいと思います。ぜひみなさんの大きなお力添えを日本共産党へお寄せいただけますよう、心からお願い申し上げます。

宮本徹衆院議員(左)と東久留米駅前で
b0190576_22390571.jpg
清瀬市・東久留米市で「ごいっしょに政治を変えましょう」と訴えています
b0190576_22385297.jpg
homepage   twitter   facebook




by hara-noriko | 2017-01-07 22:41 | 活動日誌 | Comments(0)

広がる野党の共闘   

 「野党は共闘」。国民の声がさらに状況を動かしました! 5月13日、4野党書記局長・幹事長の5回目の協議会が行われ、衆院選も「出来る限り協力」するための努力を行うことが確認された、との報道が。もちろん衆議院の解散は論外ではあるけれど、安倍政権の状況から可能性は否定できないなか、協力の確認をしたことは本当に大きいです。
 確認した4点は、(1)32ある参院選の1人区で25まで統一候補が決まった(現在は26)が、最後のひとつまで一本化へ努力する(2)今国会で13本の法案を共同提出し、政策的な一致を広げている(3)衆院選でも「できる限り協力」するために模索と努力を行う(4)沖縄県議選で翁長県政を支える立場でのぞむ。
 いま、もっとも力をあわせたい課題での確認がなされたこと…うれしく、力強いです。野党の共同で提案した法案が13本にもなった、というのはすごいですね! こうした提案が通る政治の実現へ、頑張りたいと思います。

b0190576_18252650.jpg


by hara-noriko | 2016-05-15 18:25 | 選挙 | Comments(0)

親子連れもたくさん 東京・三多摩メーデー   

 5月1日、第87回東京・三多摩メーデーに参加しました。お天気もよく、井の頭公園の緑が本当にきれい! 今年のメーデーは日曜日にあたったので、親子連れもたくさん! 子どもたちの可愛い声もひびき、楽しい一日でした。
 日本共産党からは、田村智子副委員長(参院議員)、宮本徹衆院議員、山添拓弁護士(参院東京選挙区予定候補)、尾崎あや子都議会議員が壇上へ。代表して田村智子さんが連帯のあいさつを行いました。また、宮本衆院議員は、東久留米・清瀬・東村山・東大和・武蔵村山の参加者の方と、親しく交流しました。
 米軍横田基地へのCV22オスプレイ配備阻止に取り組む反対連絡会のみなさんの訴え。また、原発ゼロにとりくむ「パパママぼくの脱原発ウォーク」のみなさんのアピールも。「脱原発ウォーク」のみなさんのコールは、だれでも一緒にできて、いいですね。
 今年は、安倍暴走政治ストップへ野党共闘が広がるなど、広範な国民の運動が国政を動かしていることにも触れたメーデー宣言が採択されました。「働くものの団結で生活と権利を守り、平和と民主主義、中立の日本を!」

横田へのオスプレイ配備阻止に取り組む反対連絡会のみなさん
b0190576_22545963.jpg
「パパママぼくの脱原発ウォーク」のみなさん
b0190576_22550432.jpg
共産党東久留米市議団も参加
(左から)永田まさ子、原、篠原重信の3市議
b0190576_22550922.jpg


by hara-noriko | 2016-05-01 22:56 | 活動日誌 | Comments(0)