タグ:高齢者 ( 3 ) タグの人気記事   

考えさせられたこと   

東久留米市シルバー人材センターの総会に出席
状況が大きく変わってきている、と
 6月27日、東久留米市シルバー人材センターの第9回定時総会に出席しました。会長のごあいさつでは、シルバー人材センターをとりまく状況が大きく変わってきていることが話されました。
 …以前は、会員になった方が仕事に就けるように、新しい仕事を開拓するために大変だった。でも今は、仕事はあっても人がうまらないという状況になっている。国の政策の変更のなかで、定年退職後、就労を続ける人もいる。会員をやめて他へ就労する人もいる。また、安全に仕事をしていくという点でも課題がある。熱中症や車の運転など、新たな対策が必要になっている。…

生きがいや地域社会への貢献のために

 考えさせられました。シルバー人材センターは、「高年齢者等の雇用の安定等に関する法律」にもとづき、高齢者が働くことを通じて、生きがいを得るとともに、地域社会の活性化に貢献する組織です。長い間、仕事や地域で貢献してきた方々が、現役引退後も、培ってきた力を発揮していく。それぞれのペースで生きがいをもって仕事を続けたり、社会参加をしていく組織です。でも、「もっとお金になることをやらないと生きていけない」という声もうかがったことがあります。

年金だけでは老後資金2000万円不足
改めて、こんな政治を変えていきたいと…
 「厚生年金だけでは老後資金が2000万円不足する」とした金融庁の審議会報告書、マクロ経済スライドにより7兆円規模で年金が削減されることを認めた安倍首相の発言…。こういう政治を変えていかないといけない、と改めて思いました。高齢者の方々が、経済的な不安が動機ではなく、自らの生きがいのために安心して働ける環境づくりを進めたいです。

私のあいさつから
みなさんの活動から学び、応援したい
 私は、会長あいさつで指摘されたことに触れたうえで、ひとこと、以下のようなお祝いのあいさつをしました。
 …シルバー人材センターのみなさんは、公共的な大事な仕事も担当いただいたり、また、私たち市民の日々の暮らしの中で必要なサービスを担ってくださったり、本当にありがとうございます。長年の経験と熟達した技能や見識があってこその丁寧なお仕事は、どの分野でも実感しています。
 たとえば、木の剪定などでも、ただ切ればいいというのではなく、あとあとのことまで考えて、助言もしてくださる。子どもたちの学習支援でも、シルバーの人たちはやさしい、と子どもや親からも評価が高い。そうしたみなさんの活動から学び、応援していくのが私たちの役割だと今日、改めて思っています。
 どうか、これからもますますお元気でご活躍されますように、また、シルバー人材センターがさらに発展することを祈念して、お祝いのごあいさつといたします。

ネムの花
b0190576_23114216.jpg
b0190576_23114682.jpg




by hara-noriko | 2019-06-28 23:12 | 活動日誌 | Comments(0)

2つの「つどい」に参加して   

ひとりひとりを大事にする教育の大切さ
 5月29日、「原のり子さんを囲んで『教育について考える』会」を企画してくださり、参加しました。案内状には次のように書かれています。
 「2018年度から小学校では道徳が教科となり評価の対象となります。また、教育勅語が再び論じられているような現在、私たちは子どもたちひとりひとりを大事にする教育とは何かを、今、改めて考えなければならないと思います」
 まったく同感です。会には、教員・元教員・保護者・教育問題や歴史教科書について学習している方々など、十数人が参加。みなさんの自己紹介や発言に、たくさんのことを学びました。
 いじめなどへの心配、日の丸君が代問題、教師の多忙化、少人数学級の重要性、子どもたちや若い人が生きにくくなっている社会の問題、道徳の教科化はすべきではない、小学校1年生からハードな学校生活などなど、たくさんの声が。
都政でも問われている
 そして、都立の夜間定時制高校4校廃止問題について、また、外国人学校の生徒に対する負担軽減のための補助金を朝鮮学校だけ外している問題についても話題になりました。まさに、「ひとりひとりを大事にする教育」が東京都において問われています。改めて、定時制高校廃止決定の撤回、補助金からの朝鮮学校外しの是正を求めていきたいと思いました。
教育をゆがめる安倍政権の流れを止める
 そして、今、安倍政権は「共謀罪」法案を成立させようとし、その先では2020年に憲法9条の改悪をやろうとしている。同時に、教育勅語を教材として使うことについての閣議決定までして、子どもの教育内容に踏み込み、歪めていく…この流れをどうしても止めたい。「ひとりひとりを大事にする教育」は、平和な社会でこそ。力をあわせたいです。


高齢者が安心して暮らせる住まいの実現へ
 6月1日は、高齢者向け優良賃貸住宅にお住いのみなさんの小集会に参加しました。次つぎに意見が出ました。
 「保育園待機児解消を3年先延ばしするとの安倍首相、ひどいと思う。保育園をふやしてほしい」
 「有料老人ホームは高くて入れない。特別養護老人ホームをふやしてほしい」
 「優良賃貸というが、サービスはどんどん後退している」
 「もっと住宅の修繕など、メンテナンスをしてほしい」
 「家賃補助が平成35年(2023年)2月末で打ち切られるといわれた。そうなると家賃は10万円を超えてしまい、とても住み続けられない」
 「打ち切るといわれたり、打ち切る予定といわれたりするが、都はどう考えているのか」
7つの公約の中に込めた提案
 高齢者が安心して暮らせる住まいの問題は本当に切実です。この間、地域を歩いていても実感しています。私の新しいリーフには、7つの公約のなかに、都営住宅の新規建設・住環境の改善を掲げています。これは、高齢者への家賃補助やUR住宅の空き家を「借り上げ型都営住宅」にするなどして都営住宅をふやすことも含めての提案です(日本共産党の都議選政策)。その大事さを小集会で改めて教えられました。とりくんでいきたいと思います。

7つの公約(原のり子リーフの一部)
b0190576_23354578.jpg
全文はこちらから

毎週土曜日の定例宣伝
午後4時から東久留米駅西口
b0190576_23132818.jpg
宮本徹衆院議員と一緒に
b0190576_23135642.jpg

都市農業への思い


市民と一緒に「共謀罪ノー!」





YouTube 原のり子 チャンネル
都政に挑戦 原のり子スピーチ1
「2人区から風穴あける 歴史を後戻りさせない」


YouTube 原のり子 チャンネル
都政に挑戦 原のり子スピーチ2
「自己紹介 『都政の壁』を破る」

YouTube 原のり子 チャンネル
都政に挑戦 原のり子スピーチ3
「豊洲移転は中止を 築地の再整備こそ」


YouTube 原のり子 チャンネル
都政に挑戦 原のり子スピーチ4
「日本共産党とご一緒に政治を変えよう」



この街から都政へ 原のり子インタビュー




homepage  twitter  facebook  YouTube





by hara-noriko | 2017-06-01 23:20 | 活動日誌 | Comments(0)

高齢者と障害者を泣かす法案を強行採決するなんて!   

 清瀬市と東久留米市を宣伝カーで回りながら、最初に訴えていることがあります。4月12日、国会(衆院厚生労働委員会)で行われた強行採決のことです。高齢者と障害者の福祉にかかわる問題で、私も東久留米市議会で3月に取り上げたばかりのテーマです。黙ってはいられません。

介護保険法等改悪案を自民・公明が委員会で強行採決
 いま、「政治全体がおかしい」「どうなっているの?」と思っている方がたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。私も本当にそう思います。訴えたいことはいくつもあるのですが、「地域包括ケアシステム強化のための介護保険法等改定案」(介護保険法等改悪案)について、お話しさせていただきます。
 4月12日、この改悪案が衆院厚生労働委員会で強行採決されるということが起きました。本当に驚きました。わずか20時間足らずの審議。まだ中身もよく見えていない。しかも、質疑をいきなり打ち切って自民・公明によって採決が強行されました。
 審議打ち切り・採決強行について与党側は翌13日に謝罪し、14日に野党による補充質問が行われましたが、与党の暴挙は消せるものではありません。

介護保険料の3割負担を導入
 振り返れば一昨年、介護保険の利用料が2割負担になった方がたくさんいらっしゃると思います。今度はその中から、3割負担になる人を出すというのです。12万人が対象だということで、単身者でいえば340万円以上の収入がある方は3割負担の対象になるといいます。
 それだけではありません。介護保険の認定を受ける人をなるべく増やさない、減らしていく、そういう仕組みをさらに強めようとしています。

障害者から不安の声
 高齢者だけではなく、障害者のみなさんからも声が上がっているのは、この改悪案によって介護保険と障害者の福祉とをもっと一体化しようとしていることへの不安です。「もっときちんと議論してほしい」といっています。

東久留米市議会で質問
 私は3月の市議会で、65歳になった障害者の方が介護保険優先になってしまうなかで、サービスを後退させないためにはどうしたらいいのか、という問題を取り上げました。実は、障害のある方から訴えがあったんです。「65歳になったとたんに、介護保険優先だといわれて、ヘルパーさんも変わりサービスの内容も変わってしまった。本当に不安だったけれども我慢しました」と―。
 実は、民主党政権のときに、この問題では介護保険優先だけれども、障害福祉の分野でなければ担えないサービスについてはこれまでどおり実施することができる、と通知などで徹底されているはずなんです。しかし、障害者のみなさん一人ひとりに聞いていくと、「本当に不安だった」「本当に困った」ということがたくさんあることがわかりました。
 今回強行採決された改悪案では、高齢者と障害者の一体化を乱暴に進める内容になっているので、だれにとってもいいことはありません。

改悪案を通すわけにはいきません
 こうした問題をしっかり議論することもなしにどんどん進めていくような政治でいいのでしょうか。
 先日、100歳の方から直接話をうかがい、「高齢者の問題をしっかりやってほしい」といわれました。100歳になるまで一生懸命に生きてきて、この後も安心して、自分の生きがいを大事にしながら生きていきたい、という訴えでした。お話を聞きながら、こんな法案を通すわけにはいかないと改めて思っています。みなさん、ご一緒に声をあげていきましょう。


まちかどスピーチ。手を振ってくださる方もいて…
b0190576_22194572.jpg
声援をいただいてさらに元気が
b0190576_22194931.jpg



homepage   twitter   facebook






by hara-noriko | 2017-04-17 22:22 | 国政 | Comments(3)